人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2018年09月22日

お尻フェチは生きづらいか

45.jpg

8月号に杉田水脈衆院議員による「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題した寄稿を掲載して物議を醸した「新潮45」が、今度は10月号で、「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題した杉田批判への反論特集を組んだことによって、ついに新潮社内部でもこの問題をめぐっての亀裂が生じてきているそうだ。そんなわけで、今回も早速購入して読んでいるところなのだが、まず、目にとまったのが文芸評論家・小川榮太郎氏の「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」と題した一文の中に出てくる「お尻フェチ」という言葉である。
 小川氏いわく、「LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものだというなら、SMAGの人達もまた生きづらかろう。SMAGとは何か。サドとマゾとお尻フェチ(Ass fetish)と痴漢(groper)を指す。私の造語だ」ということなのだが、SMGはさておき、Aについてはまったく的外れな指摘であると言わざるを得ない。というのも、私自身、重度のお尻フェチを自認しながら、これまでお尻フェチゆえに生きづらさを感じたという経験がまったくないからである。小川氏には申し訳ないが、こういう気遣い(?)は端的に言って有難迷惑でしかないことを明言しておきたいと思う。

dai.jpg

↑クリックして拡大 
posted by 下等遊民 at 23:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

ああ軍歌

naite.jpg 

DVD「渥美清の泣いてたまるか」(1966年から放映された連続テレビドラマ)シリーズはこれまで全く見たことがなかったのだが、今回、友人の強い薦めによって、その第16巻(「ああ無名戦士!」と「ああ軍歌」の二本を収録したもの)を見て、二本ともなかなかの傑作だと思った。「ああ無名戦士!」の主人公(子供の頃に空襲で足を負傷)は、電車内で、傷痍軍人(白装束)のフリをして、アコーディオンを抱え、「戦後22年、祖国日本は見事に立ち直りましたが、私はいまだにこのような惨めな姿をさらしております。しかし、私とて、好きこのんでこのような姿をしているのではありません。」といった前口上とともに、「ラバウル小唄」とか「海行かば」といった軍歌を歌っては施しを得ることで生計を立てている。一方、「ああ軍歌」の主人公は、戦争で兄を失うという辛い経験のせいで、軍歌に対しては強い拒否感情を持っていて、軍歌好きの上司(山形i勲)から宴席で軍歌を歌うことを強要(今なら完全なパワハラですな!)されても頑として歌おうとしない。その結果、上司に睨まれ、ついには会社をクビになってしまうのだが、落ち込む主人公に向って、母親(賀原夏子)は、「あれだけの戦争だもの。お前みたいなのが一人ぐらいいなきゃ死んだ人は浮かばれやしないよ。」と言い放つのである。軍歌で喰いつないでいる男の話も、軍歌に拒絶反応を示してしまう男の話も、軍歌というものを通して、戦後風景の一断面を的確に捉えている点では同じであると思った。
posted by 下等遊民 at 14:31| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

「新潮45」8月号を読んでみた

asa.jpg 

自民党の杉田水脈・衆議院議員が月刊誌「新潮45」に寄せた「『LGBT』支援の度が過ぎる」という記事が大炎上中と聞いて、早速、件の記事を読んでみたのだが、なんか朝日新聞に難癖をつけるという今回の特集(日本を不幸にする「朝日新聞」)に合わせるため、無理やり「LGBT」のことを持ち出したという印象が強い。なかでもまったくもって意味不明だったのが、「マスメディアが『多様性の時代だから、女性(男性)が女性(男性)を好きになっても当然』と報道することがいいことなのかどうか。普通に恋愛して結婚できる人まで、『これ(同性愛)でいいんだ』と、不幸な人を増やすことにつながりかねません。」という文章(これ、理解できる人がいるだろうか?)。こんな支離滅裂な文章で難癖をつけられた朝日新聞こそいい面の皮である。
posted by 下等遊民 at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

元祖ボインの逝去

bo.jpg

 俳優で歌手の朝丘雪路さんが先月27日に死去していたことを今日の朝刊で知った。伝説の深夜番組「11PM」をリアルタイムで楽しんでいた世代にとっては、とにもかくにも朝丘雪路さんといえば元祖ボインといったイメージが強いのではなかろうか。昨年11月に太田出版から刊行された「巨乳の誕生ー大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか」(安田理央著)によれば、ボインという言葉が世間でひんぱんに使われるようになったのは、「11PM」で司会の大橋巨泉氏が、当時、番組アシスタントだった朝丘雪路さんに対してこの言葉を使った1967年以降であり、大橋巨泉氏が後年のインタビューで「歌にも登場した」と語っているのは、ボイン発言の2年後の1969年に落語家・漫談家の月亭可朝が発売したコミックソング「嘆きのボイン」(テイチクレコード)のことであるとか。youtubeで、月亭可朝の往年の名曲「嘆きのボイン」を聴きながら、元祖ボイン・朝丘雪路さんを追悼することにしたい。



posted by 下等遊民 at 17:18| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

女相撲AVのすすめ

相撲の土俵上で人命救急をしていた女性に「土俵から降りてください」というアナウンスがあったことは、国内のみならず海外でも物議を醸しているそうだが、吉崎祥司氏と稲野一彦氏の共著論文「相撲における『女人禁制の伝統』について」(北海道教育大学紀要、2008年8月)によれば、日本書紀には雄略天皇の前で女性が相撲を取ったという記述があり、また室町時代や江戸時代にも、女性が相撲を取っていたという記録が残っているとのこと。では、「相撲における『女人禁制の伝統』」というのは一体いつ頃、確立されたものなのか。結局のところ、明治期に入って確立された男尊女卑的な家制度のもとで、女性が相撲から排除されていったというのが、「相撲における『女人禁制の伝統』」とやらの始まりであるようだ。 まあそんなことは、大相撲にまったく興味がない当方にとってはまったくもってどうでもいいことなのだが、とりあえず、日本相撲協会のお偉方にはたまには女相撲AVでも鑑賞することで、多少なりとも頭を柔軟にされることをおすすめしておきたい。

612ytq-0i0L.jpg

516kBDcLPSL__SY445_.jpg

posted by 下等遊民 at 21:03| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

学のある馬鹿

「学のある馬鹿は、学のない馬鹿より馬鹿である。」とは17世紀おフランスの劇作家モリエールの言葉だそうだが、21世紀になってもこの言葉の持つリアリティーがまったく色褪せていないことを爆笑問題の太田光がテレビ朝日「朝まで生テレビ」元旦スペシャルに出演していた東大教授IT(イニシャルからして学がありそうですな)を例に証明してくれております。

posted by 下等遊民 at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

謹賀新年

ren.jpg 

 あけましておめでとうございます。
これまでペットの画像をブログに載せるなどという親バカじみたことは金輪際したくないと思っていたのですが、ま〜今年は戌年ってことでどうかお許しを。 
 さて、年末から新年にかけてテレビの民放がお笑い番組だらけになってしまうのは毎度のことであり、今回もいささか食傷気味ではあるんですが、年末にやったウーマンラッシュアワーの時事ネタ漫才がけっこうツボに嵌まったので削除されないうちに紹介しておきたいと思います。動画のコメント欄には、「こんなステレオタイプの時事ネタ漫才では笑えない」といった意見もありましたが、昔懐かしコロムビア・トップ・ライトの時事ネタ漫才なんか、これよりはるかにステレオタイプだったにもかかわらず大いに受けたことを思うと、ステレオタイプというのは時事ネタ漫才にとっては必ずしもマイナス要素ではないような気もするんですけどね。
 では今年もよろしくお願い申しあげます。

posted by 下等遊民 at 10:30| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

蜘蛛の糸

 2017年新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した「インスタ映え」、「忖度」をはじめ、「うんこ漢字ドリル」(古屋雄作)、「一線を越える」(今井絵里子参議院議員)、「35億」(ブルゾンちえみ)、「魔の2回生」(森山志乃芙)、 「このハゲーーー!」(豊田真由子元衆議院議員)など今年も傑作な流行語がいくつも飛び出したが、それらすべてを凌駕するほどのインパクトがあったのはやはり小池百合子都知事の「排除いたします」ではなかろうか。これに関してなかなかうまいことを言うなと思ったのは、本屋で立ち読みした某右翼雑誌の中で、作家の百田尚樹氏が都知事とまったく同じことを言っていた希望の党所属の細野豪志前衆議院議員を芥川龍之介の「蜘蛛の糸」に出てくる前泥棒カンダタに喩えていたところである。

「地獄で苦しんでいるカンダタは生前一つだけ良いことをした。踏み潰す寸前の蜘蛛に気がつき、助けた。お釈迦様はこれを嘉し、天上から蜘蛛の糸を垂らした。糸に気がついたカンダタは糸を登り始める。これを見た他の亡者どもも糸を登る。カンダタは奴らの重みで糸が切れてしまうと恐れ、下りろと叫んでしまう。その時、糸は切れるのだ。」

百田尚樹氏といえば、沖縄の反基地闘争についての的外れな誹謗中傷や歯の浮くような安倍総理礼賛などどうしようもないトンデモ作家であることは間違いないのだが、たとえ大嫌いな作家であろうとも的確な発言があればちゃんと評価するところが私のエライところでもある、とちゃっかり自画自賛したところで、皆さん、良いお年を!
posted by 下等遊民 at 10:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

アルゼンチンタンゴの日

 日本のメディアではあまり取り上げられることもないようだが、今日12月11日は「アルゼンチンタンゴの日」であるんだとか。アルゼンチンの伝説的タンゴ歌手カルロス・ガルデルとアルゼンチンタンゴの伝説的作曲家フリオ・デ・カロ、この二人の誕生日が奇しくも同じ12月11日であることから、アルゼンチンではこの日を国民的祝日ということにしているそうだが、それはともかくとして、このアルゼンチンタンゴってやつ、ま〜実にエロいじゃありませんか(ダンスであれ、スポーツであれ、エロ目線でしか鑑賞したことのない私がそう言うんだから間違いない)。というわけで、今回は「アルゼンチンタンゴの日」にちなんで、私のパソコンの「お気に入り」に保存してあるアゼンチンタンゴ関連の動画を↓に貼り付けておくことにしたい。





posted by 下等遊民 at 00:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

三島由紀夫と「愛国心」

 「実は私は『愛国心』といふ言葉があまり好きではない。何となく『愛妻家』といふ言葉に似た、背中のゾッとするやうな感じをおぼえる。この、好かない、といふ意味は、一部の神経質な人たちが愛国心といふ言葉から感じる政治的アレルギーの症状とは、また少しちがつてゐる。ただ何となく虫が好かず、さういふ言葉には、できることならソッポを向いてゐたいのである。この言葉には官製のにほひがする。また、言葉としての由緒ややさしさがない。どことなく押しつけがましい。反感を買ふのももつともだと思はれるものが、その底に揺曳してゐる。では、どういふ言葉が好きなのかときかれると、去就に迷ふのである。愛国心の『愛』の字が私はきらひである。自分がのがれやうもなく国の内部にゐて、国の一員であるにもかかはらず、その国といふものを向う側に対象に置いて、わざわざそれを愛するといふのが、わざとらしくてきらひである。」(三島由紀夫「愛国心」より )

 すっかり忘れ果てていたのだが、先ほどたまたま立ち寄った友人宅での雑談の中で今日が三島由紀夫の命日(憂国忌)であることを思い出した。↑に引用した文章は、三島由紀夫が自決の2年前の1968年(昭和43年)、朝日新聞夕刊に書いたものだが、49年の歳月を経ているにもかかわらず少しも色褪せた感が感じられないところはさすがである。
posted by 下等遊民 at 19:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする