人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2009年03月27日

イベント情報「新宿お七 」

fotobashiru17.jpg

「燃える燃える、あたしの恋が、町を焼く」(寺山修司著「不良少女入門ーぼくの愛した少女」所収「浪曲『新宿お七』」より)

先日、NHK教育で放映された「『ETV特集』犬の記憶〜森山大道写真への旅」のDVD録画版を友人に見せてもらい、1960年代以来、一貫して「路上の犬」としての目線を保ちながら、都市(新宿、山谷、釜ケ崎など)の路上写真を撮り続けてきた森山大道氏の話もさることながら、番組の中頃に突然挿入された女性浪曲師・玉川奈々福さんによる「浪曲『新宿お七』」(作・寺山修司)の鬼気迫る口演に完全に魅了されてしまった。

 「昭和43年10月21日。『国際反戦デー』の夜。『安保粉砕、ベトナム反戦』を叫ぶ実力行使の全学連各派は同日、国会前より新宿駅東口に集結。警官隊と衝突し、戦後最大の騒乱事件となりました。バリケードがわりの機動隊の装甲車には火が放たれ、各派の先陣争いのはげしさもさることなれば、迎えうつ機動隊も一騎当千のつわものばかり!」という前置きから始まり、後は江戸の「八百屋お七」ならぬ昭和の「新宿お七」(新宿の安酒場の女学生ホステス)のまさに燃えるような恋情が切々と歌われる。
その後、「浪曲『新宿お七』」が収録されている寺山修司の「不良少女入門ーぼくの愛した少女」(大和書房)という本を図書館で借りてきて読んでみると、番組の中で歌われたのはこの作品の中のほんの一部であること、また状況設定にも微妙な違い(本文の方には「昭和四十五年六月十日。午後九時ニ十分。衆議院本会議において、日米安全保障条約の無質疑承認が裁決。実力行使の三派全学連と同革マル派は、なだれをうって国会に乱入。」とされている)があることがわかったが、いずれにしても玉川奈々福さんの情念溢れる口演には、新宿という魔境(森山大道氏の言葉を借りれば「偉大なる悪所」)に渦巻くエロスとタナトスが見事に表現されているような気がした。ということで、4月4日(土)に開演される玉川奈々福さんの「新宿お七」、情念ドロドロ系の好きな向きには絶対おすすめ。

Image007.jpg 

---------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
posted by 下等遊民 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。