人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2015年05月31日

「性科学」の殉教者・高橋鐵

gaku.jpg

 「週刊現代」2月7日号の袋とじ企画「完全なる態位」に、「伝説の性科学者・高橋鐵の世界」というキャッチコピーが付されているのを見て、没後44年経っても、好事家の世界では、高橋鐵氏の人気がいまだ健在であることにあらためて驚かされたが、今日5月31日は、伝説の性科学者・高橋鐵氏の命日(1971年没)ということなんで、取りあえず今回は木本至著「雑誌で読む戦後史」(新潮選書)より、1950年代前半、高橋鐵氏が主宰していた「あまとりあ」(1951年3月〜1955年8月)という雑誌について書かれた文章の一部を↓に紹介しておくことにしたい。

 「猥褻の根源たる性を研究するような不届きな雑誌は、その芽のうちに摘みとってしまえ、と当局が繰り出した嫌がらせに対し、<和製ヒトラー共に潰されるまでは続刊>(2号巻頭)と抵抗宣言した『あまとりあ』は12月号になって再び摘発の厄に遭う。緊縛の絵師伊藤晴雨描く8葉の連続絵『女賊捕物帖』。捕吏と女賊が取っ組みあいながら裸になっていく構成の妙が醸す妖しいエロティシズム、美しい色彩と節度を心得た描写は晴雨晩年の傑作と評せるが、例の“連想”の論理で猥褻の認定を受けた。更に翌27年12月号もまた『日本艶画史』『バイロス画集』を理由に3度目の摘発押収。」

 ちなみに、高橋鐵氏の著書で最も思い出深いのは、アブノーマル(?)な性癖に悩む読者からの相談とそれに対する氏の回答を集めた「あぶ・らぶ」(1966年刊)という本である。その理由は、高校時代のことだったと記憶するが、この本が版元(青友社)で絶版状態だったため、氏に直接、再版予定の有無を問う手紙を出したところ、「本の代金を送ってくれれば著者分として所有しているものを送ります。」とのことだったので、早速、本の代金を送ったところ、氏のサイン入り「あぶ・らぶ」が送られてきたなんてことがあったためであるが、それはともかくとして、本の頁を繰ってみると、アブノーマル(?)な性癖に悩む読者からの相談には例えばこんなものがあったりもするのである。

 「私の変態性欲の歴史を略述し、生きて行く希望の最後の灯に点火して下さるような御回答に一切の望みを託します。
 物心がついた時から私は奇怪な幻想に捕えられました。美少女や美少年に跨ってもらいたいという幻想です。私が最も切望した状態というのは、美少女の股の間に私の顔がしっかりと挟みこまれていることで、更に直接にその美少女の尿を飲みあるいは美少女の肛門と、私の鼻を密着させたまま放屁してもらいたいということでした。(後略)」(高橋鐵著「あぶ・らぶ」より)

 それにしてもこの程度の無邪気な妄想ごときで、さんざん悩んだ挙句、学者に相談までしてしまうとは当時の「変態さん」はなんとナイーブだったことだろうか!

abu.png

aru.png 
posted by 下等遊民 at 01:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

24000のキッス

hata.jpg 

 日本にこんな記念日があったとは露知らなかったが、何気なしにウィキの「今日は何の日」を見ると、今日5月23日は何と(別に驚くほどのことでもないが)「キスの日」なんだとか。1946年(昭和21年)、日本で初めてキスシーンが登場する映画「はたちの青春」(佐々木康監督)が初めて上映された日が5月23日だったというのがその由来であるらしいが、どうせなら国会議員のセンセイ達もこういう日を選んで「路チュー 」をすれば、「国の記念日を祝うため」的な大義名分を持ち出すこともできたんじゃなかろうか。「キスの日」と聞いて、その昔、「24000のキッス」なんてトンデモなタイトルの曲が流行っていたことを思い出したんで、早速、Youtubeで探してみたら、めでたく見つけることができました(さすがYoutube!)。↓





posted by 下等遊民 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

消えた廃墟ラブホテル

 地元にある廃墟ラブホテル・ロンドンについては、4年ほど前に「廃墟としてのラブホテル」というエントリーで取り上げたことがあったが、つい先日、たまたまこの近くを通りがかった際、かつては異様にして魅惑的なオーラを濃厚に漂わせていたあのゴシックホラー風建物が今や影も形もなくなってしまっているのを発見した。後で、この廃墟のすぐ近くに住んでいる知人の一人に訊いてみたところ、どうやら半年ほど前に全部取り壊されてしまったらしい。その知人によれば、現在、更地になっている跡地は、隣接する特別養護老人ホームを経営する事業団が買い上げたとのことであるが、そのあたりの真偽のほどは定かならず。いずれにしろ、コアな廃墟マニアにとっての重要文化財(?)の一つが日本から永遠に消え去ってしまったことだけは確かだろう(orz)。

<廃ホテル・ロンドン関連のサイト一覧>

みんなでラブホ行こうよ(※ただし廃墟に限る)!超魔界帝国の逆襲 


ホテルロンドン(1)


ホテルロンドン(2)


地獄の戦鎚記録:ホテルロンドン1


ほっこり廃墟ツアー「ロン○ン1」


さらに動画で御覧になりたい方は↓をどうぞ!

http://xpro.blog23.fc2.com/blog-entry-1200.html
posted by 下等遊民 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

「日本国憲法」なのだ!

 今回は、憲法記念日ってことで、ちょっとおもろい憲法関連本を三冊ほど紹介させていただきます。まず一冊目は、赤塚不二夫・永井憲一共著「『日本国憲法』なのだ!」(草土文化)。天才バカボンのキャラクターが日本国憲法の基本理念を私のような○○にもわかるような平易な言葉で解説してくれているところがミソ。また大日本帝国憲法(明治憲法)が付録についているため、新旧憲法の違いを検証する場合にも大変便利である。続く二冊目は、森田優子著「Constitution Girls 日本国憲法ー萌えて覚える憲法学の基本」(PHP研究所)。10人のイラストレーターが描いた憲法娘たちが、「前文」、「条文」、「条文の意味とその背景」、「判例や論点」などを「萌え」的に解説。「萌え」と「憲法」は、この国の原点です!? 3冊目は、谷口真由美著「日本国憲法 ・大阪おばちゃん語訳」( 文藝春秋)。「戦争は棄てましてん(9条)」とか「人権ってええもんちゃう?(11条)」とか、とにかく徹頭徹尾、大阪のおばちゃん語で書かれた憲法解説本である。ちなみに、著者の谷口真由美氏は、4月24日深夜のテレビ朝日「朝まで生テレビ(激論!憲法9条と日本の平和)」にもパネリストの一人として出演していたが、本と同じく、いかにも大阪のおばちゃん風な漫談ノリで喋っているのを見て一発でファンになってしまった。

ken.png

moe.png

oba.png
posted by 下等遊民 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。