人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2015年08月29日

愛国は悪党の最後の隠れ蓑

mutou.jpg 

 「愛国は悪党の最後の隠れ蓑」(Patriotism is the last refuge of a scoundrel.)との名言を吐いたサミュエル・ジョンソンは18世紀英国の文学者だったようだが、先般、SEALDsについて、「国会前でマイクを持ち演説をしているが、彼ら彼女らの主張は『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考えに基づく。利己的個人主義がここまで蔓延したのは戦後教育のせいだろうと思うが、非常に残念だ」とツイートした武藤貴也衆院議員の議員枠未公開株をめぐる金銭トラブルの記事(「週刊文春」8月27日号)は、このサミュエル・ジョンソンの名言が21世紀においてもまったく色褪せていないことを、いささかカリカチュアライズした形で証明したものであると言えるだろう。
 武藤氏は3年前にも、「憲法に破壊された日本人的価値観」と題した文章の中で、日本国憲法が定めた3原則(国民主権、基本的人権の尊重、平和主義)について、「この3つとも、日本精神を破壊するものだ」と記していたそうだが、だとすると、武藤氏が、「議員宿舎で19歳少年を奴隷にした」(「週刊文春」9月3日号)のも、自らのイチモツで少年の菊門に、破壊されつつある日本精神とやらを注入するためだったのだろうか。
posted by 下等遊民 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

月刊「創」最新号の表紙がタイムリー

tuku.jpg

 先日、書店で月刊誌のコーナーを眺めていて、真っ先に目に飛び込んできたのが月刊「創」最新号の表紙だったので、取りあえず画像を紹介。巻末の「今月の編集室から」によれば、「本誌なりのメッセージ」なんだとか。
posted by 下等遊民 at 11:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

テレビもまだまだ捨てたもんじゃない

 毎年この時期になると、テレビでは戦争関連番組が目白押しとなるが、戦後70年の特別企画として、8/1と8/2の二夜連続で放送されたTBSドラマ「レッドクロス〜女たちの赤紙」はこれまでに放送された戦争関連のテレビドラマの中でも間違いなく最高傑作の部類に入るものだろう。政府によるマスコミ支配が一段と厳しさを増してきたといわれる安倍政権のもとで、これだけ戦争というものの悲惨さ、理不尽さをリアルに描写した反戦ドラマが放送されるのを見るにつけ、正直、テレビもまだまだ捨てたもんじゃないなと痛感したほどである。ネット上では、案の定、ネトウヨさんたちがこの番組に対して、やれ「反日ドラマ」だの「自虐史観ドラマ」だのと大騒ぎしていたようだが、戦争の裏面を描いた作品がすべて「反日ドラマ」、「自虐史観ドラマ」ということであれば、「反日」でも「自虐史観」でもない戦争ドラマっていったいどんなドラマがありえるのか。もしそんなドラマがあったとして、安倍晋三氏やその応援団のネトウヨさんたちは欣喜雀躍するかも知れんが、まあ戦争ドラマとしては最低最悪のシロモノであることだけは確かだろう。
posted by 下等遊民 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする