人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2016年01月29日

サブカル系出版社のネトウヨ化

ja.jpg

 昨年12月に青林堂より刊行された「『そうだ難民しよう!』はすみとしこの世界」をめぐって、書店「書泉グランデ」が来月開かれる予定だった、はすみとしこ氏のサイン会を中止したとのこと。理由は「書店が差別に加担するのか」といった抗議が殺到しているためらしいのだが、サイン会中止の是非はひとまず措くとして、青林堂といえば真っ先に伝説の漫画雑誌「ガロ」をイメージしてしまう世代のはしくれとしては、書店で最近やたらと幅を利かしているこのテのヘイト本(ネトウヨ本)を青林堂が手がけているという事態にまず驚かざるを得ないのである。ま〜エロ本愛好家としましては、なんぼ出版業界が不況だとはいえ、正直、こんな領域に手を出すよりはまだエロ本の出版で生き延びてほしかったともついつい考えてしまうのだが、オークラ出版とか晋遊舎とかいったかつてのエロ本出版社も最近は青林堂同様、ヘイト本(ネトウヨ本)に手を出しているところを見ると、出版業界にあって現在もっとも収益を見込めるのがヘイト本(ネトウヨ本)の刊行であるのかも知れない。エロ本滅びて、ヘイト本(ネトウヨ本)栄える、あ〜いやな御時世になったものである。

nan.jpg

posted by 下等遊民 at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

粋(?)な受験参考書

iki.jpg

 自分が受験生だった頃にもこんな受験参考書があったとしたら、もう少し受験勉強にも身が入っただろうに、なんて不謹慎なことを考えてしまうのは私だけだろうか。もちろん、子どもに使わせたくない下品でセクハラな例文が多いということでこのところ世間を騒がせている「生きるセンター漢字・小説語句」(駿台文庫)のことである。問題となっている例文からいくつかをピックアップしてみると、「胸のデカさに俺はキョソを失った。」「彼女の体のユルやかなラインが僕をほっとさせる。」「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた。」「きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい。」「男なら君に大いにカンキョウをもよおすよ。」「相手が気持ちいい程度にソクバクするんだよ。」「敏感なところは強くシゲキしちゃだめよ。」「あらゆるソクメンから君を研究したい。」「下僕のように扱われることが快感だった。」「息をのんで女子の着替えを見つめる。」「彼女はたまらず声を洩らした。」等々で、これらについては、「手垢にまみれた昭和の官能小説を素人が真似したような駄文」といった、ある意味では的確な批判もSNSでは上がっているようだが、ただあくまでも漢字を覚えるための例文なので、別に美文・名文である必要はないんじゃないかとも思うんですけどね(「記憶に残る例文・意味で生きる漢字・語彙力を!」というキャッチコピーには笑えるが)。といったところで遅ればせながら今年もよろしくお願い申し上げます。

kyo.jpg

posted by 下等遊民 at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。