人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2016年03月24日

エロ雑誌の中の「昭和」(7)

jipu.jpg

 ジプシー・ローズといえば、エキゾチックな美貌と大胆なグラインドダンスで、昭和20年代後半に一世を風靡した伝説のストリッパーだが、「100万人のよる」(季節風書店)昭和34年(1959年)1月号に掲載された彼女の手記「浮き沈み・はだか放浪記・酒乱といわれてドン底六ヵ月」には、東京日劇ミュージックホールにおける他のダンサーからの凄まじいイジメの事実が詳細に書かれていて、これでは彼女が酒に溺れてしまったのも無理はない、といった気にさせられるのである。当時、「ジプシー・ローズがアル中で再起不能」と報じた新聞記事もあったらしく、それについては彼女自身、この手記の冒頭でも、「私の病気休演は、ジャーナリズムにとっては恰好の材料だった。アル中で頭がおかしくなったのではない、わたしはただそれだけがいいたかった・・・・・。」と否定しているが、その8年後(昭和42年)、アルコール中毒による心臓麻痺で32年の短い生涯を終えたのだった。

hadaka.jpg 
 
posted by 下等遊民 at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする