人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2016年05月25日

ベルイマン「沈黙」の自慰シーン

tinn.jpg 

 地元の古書店で、昔、見たことのある「沈黙」というスウェーデン映画(イングマール・ベルイマン監督)のパンフレットを発見。懐かしかったのでつい購入してしまった。この作品、ウィキによれば、「イングマール・ベルイマン監督が“神の存在”をテーマに描いた『神の沈黙』3部作の第3弾! 言葉の通じない見知らぬ街にやって来た姉妹。欲望の赴くまま男と愛し合う妹と、ひとり自慰に耽る姉との確執を描いた作品」 ということであるが、最大の見所(もちろん私的にだが)はやはり何といっても姉役のイングリッド・チューリンが見せる大胆かつ凄惨な自慰シーンである。シャロン・ストーンの「硝子の塔」とか、泉じゅんの「天使のはらわた 赤い淫画」など、これまで見た映画の中にも女優の大胆な自慰シーンが忘れられない作品はいくつかあるにしても、インパクトの強さという点では、「沈黙」のそれに遠く及ばないような気がする。ただ残念なのは地元にこの作品のDVDを置いてるレンタル店が一軒もないということで、ある店など店員がこの作品の存在すら知らなかったとみえて、「『沈黙の艦隊』の方ならあるんですけどね〜」とのことであった。ちなみに、映画パンフの中で自慰シーンを紹介した文章は以下の通り。

「乳房をいじってる彼女の手は、いつか股の間に伸ばされるのです。エステルはすでに自慰常習者(オナニスト)となってるのでしょう。甥のヨハンがカギ穴からのぞき見してるのも知らず、やがて彼女の右手は白いシーツの上に投げ出されます。骨ばって見える手のマニキュアした爪がにぶく光っています。飲酒と喫煙と自慰(オナニー)と、三重の悪癖が彼女の病気を悪化させてることを、エステルは知りすぎるほど知ってるでしょうに。」(清水千代太「冷徹にえぐり出されたおんなの業 人間の業」)

posted by 下等遊民 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。