人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2016年08月26日

浅草サンバカーニバル

san.jpg

浅草の夏の風物詩、浅草サンバカーニバルがいよいよ明日午後1時より開催されるとのこと。このイベント、初回の開催が1981年というから今年は35回目ということになるが、今回はリオ五輪開会式の影響も大きく、例年以上の盛り上がりが予想されている。サンバカーニバルといえば、私がよく行くDVDレンタルショップの「盗撮物」のコーナーでも、「女子トイレ」や「女風呂」や「パンチラ」を撮ったものほど数は多くないにせよ、ちらほら見かけるのが「サンバカーニバル」を「盗撮」したとかいう代物。考えてみれば、撮影禁止でないものを「盗撮」したというのも変な話だが、それはさておき、時間的にも経済的にも、遠路はるばる浅草までサンバカーニバルを見にいくだけの余裕がない当方としては、一本100円そこそこのレンタル料で、浅草サンバカーニバルの熱気を疑似体験できるのはまことありがたいことである。
posted by 下等遊民 at 10:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

おっさんの尻やないかい!!

 先日、本を読みながら何気なしに付けっぱなしのテレビに目をやると、いきなり生尻のドアップが。これ、近日公開の映画「後妻業の女」の中のワンシーンなのだが、その前の部分をまったく見ていなかったため、一瞬、女の生尻だと勘違いしてしまった。後でユーチューブで確認してみて、初めてこの生尻が笑福亭鶴瓶のものだと判明した次第なのだが、なぜこんな初歩的かつ致命的(?)な事実誤認をしでかしてしまったのか、我ながらほとほと呆れておるところであります。

posted by 下等遊民 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

冗談は「ヨシ子さん」

 サザン全盛の頃はまったく興味が持てなかった桑田佳祐であるが、6月にリリースされた新曲「ヨシ子さん」は、歌詞、振り付け共に、ついつい「冗談はヨシ子さん」という「昭和」な言い回し(語源は鈴木由美子の「ジョーダンはよしこちゃん!」という漫画らしいが)を想起させてくれるほどに素晴らしかった。ネットで検索してみたら、真っ先に「サザンの新曲『ヨシ子さん』が下品すぎて大炎上。。。桑田佳祐の終わった人感が話題に」という記事見出しが目に飛び込んできたのだが、桑田佳祐にしてみれば、こういう評価が出ることもすでに織り込み済みのことであったに違いない。というか、こちらとしては、「桑田佳祐の終わった人感」に今後ますます磨きがかかることを期待してやまないのであるが・・・・・。


posted by 下等遊民 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

サンバ!サンバ!サンバ!

 リオ五輪開幕によって、ブラジルの文化的象徴ともいえるサンバの人気も急上昇している模様。そもそも日本でサンバが知られるようになったのは、1960年公開のブラジル・フランス合作映画「Orfeu Negro(黒いオルフェ)」(マルセル・カミュ監督)以降といわれているが、正確なサンバのイメージが定着したのは、1981年に浅草で始まった浅草サンバカーニバルによるところが大きいようだ。今や毎年8月ともなれば、全国各地でサンバカーニバルなるものが開催されるほど、日本においてもサンバは普及してしまったが、やっぱ本家本元のサンバは迫力においても一味違うようですな。



rio.jpg 
posted by 下等遊民 at 14:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

賛辞としての「厚化粧の大年増」

大方の予想通り、小池百合子氏の圧勝に終わった東京都知事選。ある調査によると、「候補者同士の悪口の言い合いや揚げ足取りが多すぎる」といった声も若い有権者たちの間から上がっていたそうであるが、こちとら無責任な野次馬としては、選挙戦の観戦に際して「候補者同士の悪口の言い合いや揚げ足取り」ほど面白いものはないというのが正直なところ。なかでも傑作だったのは、ネガキャンのつもりで発した言葉がまったくネガキャンとして作用せず、それどころか相手にとっては願ってもない追い風となってしまったという、石原慎太郎氏の小池百合子氏に対する例の「厚化粧の大年増」発言である。この言葉、単に見たまんまの印象を言っただけのもの(印象批評?)なのか、もっと比喩的な意味合いで言われたものなのか、そのあたりは定かではないにしろ、小池百合子氏に何がしかのダメージを与えるような要素が皆無なのは一目瞭然。いわんや私のような熟女系エロ本マニアにおいてをや・・・・・好き心をそそられる言葉以外の何ものでもない言葉だと思うんですけどね〜。

tyo.jpg
posted by 下等遊民 at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする