人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2018年08月14日

ああ軍歌

naite.jpg 

DVD「渥美清の泣いてたまるか」(1966年から放映された連続テレビドラマ)シリーズはこれまで全く見たことがなかったのだが、今回、友人の強い薦めによって、その第16巻(「ああ無名戦士!」と「ああ軍歌」の二本を収録したもの)を見て、二本ともなかなかの傑作だと思った。「ああ無名戦士!」の主人公(子供の頃に空襲で足を負傷)は、電車内で、傷痍軍人(白装束)のフリをして、アコーディオンを抱え、「戦後22年、祖国日本は見事に立ち直りましたが、私はいまだにこのような惨めな姿をさらしております。しかし、私とて、好きこのんでこのような姿をしているのではありません。」といった前口上とともに、「ラバウル小唄」とか「海行かば」といった軍歌を歌っては施しを得ることで生計を立てている。一方、「ああ軍歌」の主人公は、戦争で兄を失うという辛い経験のせいで、軍歌に対しては強い拒否感情を持っていて、軍歌好きの上司(山形i勲)から宴席で軍歌を歌うことを強要(今なら完全なパワハラですな!)されても頑として歌おうとしない。その結果、上司に睨まれ、ついには会社をクビになってしまうのだが、落ち込む主人公に向って、母親(賀原夏子)は、「あれだけの戦争だもの。お前みたいなのが一人ぐらいいなきゃ死んだ人は浮かばれやしないよ。」と言い放つのである。軍歌で喰いつないでいる男の話も、軍歌に拒絶反応を示してしまう男の話も、軍歌というものを通して、戦後風景の一断面を的確に捉えている点では同じであると思った。
posted by 下等遊民 at 14:31| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする