人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2018年09月22日

お尻フェチは生きづらいか

45.jpg

8月号に杉田水脈衆院議員による「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題した寄稿を掲載して物議を醸した「新潮45」が、今度は10月号で、「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題した杉田批判への反論特集を組んだことによって、ついに新潮社内部でもこの問題をめぐっての亀裂が生じてきているそうだ。そんなわけで、今回も早速購入して読んでいるところなのだが、まず、目にとまったのが文芸評論家・小川榮太郎氏の「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」と題した一文の中に出てくる「お尻フェチ」という言葉である。
 小川氏いわく、「LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものだというなら、SMAGの人達もまた生きづらかろう。SMAGとは何か。サドとマゾとお尻フェチ(Ass fetish)と痴漢(groper)を指す。私の造語だ」ということなのだが、SMGはさておき、Aについてはまったく的外れな指摘であると言わざるを得ない。というのも、私自身、重度のお尻フェチを自認しながら、これまでお尻フェチゆえに生きづらさを感じたという経験がまったくないからである。小川氏には申し訳ないが、こういう気遣い(?)は端的に言って有難迷惑でしかないことを明言しておきたいと思う。

dai.jpg

↑クリックして拡大 
posted by 下等遊民 at 23:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする