人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2018年12月31日

今年のユーチューブ大賞

 昨日行われた「輝く!日本レコード大賞」では、乃木坂46の「シンクロニシティ」が大賞に輝いたそうだが、私が勝手に決めた今年のユーチューブ大賞は「セクシー・トランペット」(1962)ということにあいなりました。今年の5月にアップされた動画のようですが、レコジャの裏表からレコード本体まで女体を舐めまわすような執念で何度もしつこく映し出しているあたりも好感が持てました。B面の「セクシー・ツイスト」については以前、別の動画で紹介させていただきましたが、A面の「セクシー・トランペット」はB面とはまったく趣が異なり、レコジャの紹介文にもあるように、「スクリーンと切りはなしても、ゾクゾクとする官能的なアッピールがあります。」
 では良いお年を!


posted by 下等遊民 at 17:29| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

日大アメフト問題のルーツ

1968.png

 広報・メディアの専門雑誌「広報会議」が発表した「2018年ワースト不祥事ランキング」によれば、今年「最もイメージダウンした出来事」1位が「日大アメフット部悪質タックル問題」なんだとか。この問題、モノマネ芸人のチョコレートプラネット松尾氏が、お昼の情報バラエティ番組「バイキング」で司会を務める坂上忍氏のモノマネで、「次は日大問題でーす」を使うほど「バイキング」ではしつこく定番ネタになっており、結果、スポーツにはまったく興味がないがスポーツ業界の不祥事にだけは興味津々の当方としてはついつい見てしまうわけだが、この問題の黒幕である田中英寿理事長独裁体制のルーツを知る上で参考になったのが最近、鹿砦社から出版された「思い出そう! 一九六八年を!!山本義隆と秋田明大の今と昔」(紙の爆弾2018年12月号増刊)という小冊子。編著者は板坂剛と日大芸術学部OBの会となっていて、どうやら日大全共闘結成50周年を記念して出版されたもののようだ。第二章「五十年後の全共闘」の中で板坂剛氏いわく、「何故、闘志が蘇ったのか、というと実は五十年前と似通った状況が日大に生じたからでもあった。言うまでもないあのアメリカン・フットボール部の殺人タックル事件である。大学の権威を高めるためには、敵対する者を殺しても構わないという体育会系の精神は、日本刀を持った暴力団員と手を組んでわれわれを襲撃してきた五十年前と全く変わっていないことが判った。この事件が五十年前を想起させた理由のひとつが、現在の日大の理事長田中英寿(中田英寿ではない)が、日大闘争勃発の時点で体育会系=相撲部員であり、六七年四月二十日の弾圧事件でも学生会執行部の学生に対する陰惨な暴力事件の先頭に立っていたことが確認されていることである。」
 日大アメフト問題と日大全共闘50周年、いずれにしても日大は2018年を読み解くキーワードの一つであるようだ。
posted by 下等遊民 at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする