人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2019年02月28日

アートとズリネタ

京都造形芸術大の東京キャンパスで行われた、美術家・会田誠氏による公開講座を受講した女性が環境型セクハラで精神的苦痛を受けたとして、大学を運営する学校法人「瓜生山学園」に慰謝料の支払いを求める訴訟を起こしたことが物議を醸している。環境型セクハラとはなにか。厚生労働省・都道府県労働局雇用均等室「セクシャルハラスメント対策マニュアル」によれば、労働者の意に反する性的な言動により、労働者の就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じるなど、その労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じることを言うらしい。だとすれば、職場と違って不快ならいつでも自由に退席でき、また退席したところで何の問題もない社会人向け公開講義にこの環境型セクハラという概念を当てはめることが適切なのか否かとの疑問も生じるが、それはさておき、私が一番面白いと思ったのは、会田誠氏が講義の中で口走ったといわれている「デッサンに来たモデルをズリネタにした」という発言である。この発言について、会田誠氏は、「美大油絵科の学生としてみんなとヌードモデルを描いていた時に、はたと気づいた。裸の女性が真ん中にいて、たくさんの男たちが(当時美大は男子学生が多かった)それを凝視している」「そして言外に欲情は禁じられてる。これってなんなんだ? 何ゆえなんだ? 歴史的経緯は? 美術・芸術の領域(具体的には芸大上野キャンパス)から一歩出た世間は、まったく違う風か吹いているじゃないか? どっちが嘘をついているんだ? どっちが病的なんだ? そういう問いです」と弁明しているそうだが、確かにアートとズリネタというのはそんなに截然と区別できるものではないんじゃないか。たとえば、あの「アヴィニョンの娘たち」だってピカソにとっては立派なズリネタだったかも知れんではないか。

inu.jpg 
posted by 下等遊民 at 22:04| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

性的唯幻論とアダルトショップ

yui.jpg

 「わたしにとって、これが人生最後の本になるであろう。」との帯の文句についつい惹かれて、少なくとも10年以上は読んでいなかった岸田秀氏の唯幻論最新版「唯幻論始末記」(いそっぷ社)を購入。1977年に「ものぐさ精神分析」(青土社)でデビューして以来、一貫して唯幻論(性的唯幻論と史的唯幻論)なる独創的な理論を唱え続けてきた岸田秀氏であるが、これまでにものした著書の多さを見ただけでもとうてい岸田秀氏が「ものぐさ」な人間であるとは思えないのである。ただ「ものぐさ精神分析」というのは、自分でものを考えようとせず、ただただ他人が書いたものを受け売りすることで多少なりともものを考えているようなふりをしたい私のような怠惰な人間にとって非常に使い勝手のいい本であることだけは確かだと思うが。ちなみに↓の画像はアダルトショップの一角を捉えたものだが、人間の性欲は生物学的な種族保存本能に基づくものではなく、人それぞれの変な幻想に基づいたものであるという性的唯幻論の骨子を実にわかりやすく具現化したものであるとは言えないだろうか。

sekai.jpg
(クリックして拡大)


 
posted by 下等遊民 at 02:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする