人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2008年11月21日

声に出して読ませたい官能小説

Image011.jpg 

前回取り上げたレイモン・ジャンの「読書する女」(鷲見和佳子訳・新潮文庫)を久しぶりに再読しているうちに、この話を現代日本という場に置き換えて、もし自分が「読書する女」の客になったとしたら、その時リクエストする本(もちろん官能小説であるが)は果して何が一番いいだろうかという思いが頭をもたげてきた。一口に官能小説といっても日本には現在100人以上の官能小説家が様々な趣向の作品を書いているわけで、その中には名作と呼ばれるものもある一方、駄作も多く、官能小説の世界はまさに玉石混淆といった状態にある。そこで昨年、タイトルに引き寄せられて買ったきり「つんどく状態」のままだった官能小説の紹介本「官能小説の奥義」(永田守弘著・筑摩新書)を熟読玩味してみたのだが、この本の中で内容の一部が紹介されている作品に範囲を限定して一作を上げるならば睦月影郎氏の「若妻の匂い」(大洋文庫)あたりがベストではないかという結論に達したのである。(以下は第三章「フェティシズムの分類」の中で「アナルフェチ」の例として引用された箇所を孫引きしたものである)

「両の親指で、谷間をムッチリと広げた。すると菊花のような放射状のヒダが僅かに伸びて艶やかな光沢を見せた。 
 やがて舌を伸ばし、チョンと中心に軽く触れた。
 『ヒッ・・・・・そこはダメ・・・・・』 
 佐代子がびっくりしたように声をあげ、キュッとアヌスをすぼめた。 
 それを強引に再び指で開き、今度は大胆に唇を押しつけてチロチロと舐め廻した。 
 『アアッ・・・・・! や、やめて・・・・・』 
 佐代子は必死にもがいたが、心底から嫌がっていない証拠に、さっきとは比べものにならないほどの大量の白い愛液が、ワレメからトロトロとアヌスの方にまで滴ってきたのである。
 克也は激しく吸いつき、とがらせた舌先をアヌスに潜り込ませた。
 『くうっ・・・・・、 い、いや・・・・・』
 佐代子は懸命にアヌスを引き締めたが、唾液のヌメリに舌先は容易に浅く潜り込んでしまっていた。
 清潔な湯上りの匂いしか感じられないのが物足りないが、それでも内部のヌルッとした粘膜はほんのり苦いような味覚が感じられた。もとより克也は、憧れの佐代子のアヌスなら、排泄を終えた直後にだって紙の代わりに舐めて清めることさえ出来るような気がした。」(睦月影郎「若妻の匂い」大洋文庫)




---------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
posted by 下等遊民 at 22:10| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワタシ的には、どうせ読んでもらうならば、出来るだけ直接的な表現で、しかも耽美的な作品が希望かも。(具体的には・・・団鬼六、チト違うか・・・)
ついでですが、「一万一千本の鞭」の中で、主人公のモニイがキュルキュリーヌとアレクシーヌに脱糞させる下りも読んで欲しい気がします。
Posted by wakuwaku1776 at 2008年11月21日 23:28
 >wakuwaku1776様

 今回はあくまでも「官能小説の奥義」で紹介されている本の中から一作を選んでみたわけですが、このように範囲を限定しなければ読んでもらいたい本は無数といっていいほどありますよね〜。(例えば、団鬼六氏の作品だったら私はやっぱり古典的な「花と蛇」にするかな)まあ私の場合、官能表現に関してはかなりの偏食家(?)でしてフェラやピストン運動(?)の描写ではまったく抜けないため(AVでもそうしたシーンは早送りにします)出来るだけそうした描写に重きを置かない作品が望ましいわけですけど。因に今回その作品を取り上げた睦月影郎氏は希代のオナニストらしく、以前公開していたブログを閉鎖したのも「思う存分オナニーに耽りたい」との誘惑に勝てずブログの更新が不可能になったというのが
理由だとか(爆!)

 >「一万一千本の鞭」の中で、主人公のモニイがキュルキュリーヌとアレクシーヌに脱糞させる下りも読んで欲しい気がします。

 アポリネールの作品では同時期に書かれた「若きドン・ジュアンの手柄ばなし」も捨てがたいものがありますな。
Posted by 下等遊民 at 2008年11月22日 08:18
下等遊民さんは女優or歌手では
誰の肛門を舐めたいと思いますか?
Posted by 56歳北村 at 2015年04月04日 23:46
 >56歳北村様

 いい質問ですね〜(池上彰風に)。まず女優ですぐに名前が思い浮かぶのは、若村麻由美、井川遥、吉永小百合、高瀬春奈、吉高由里子、松尾嘉代、原日出子、真木よう子、松雪泰子、北川景子、松たか子、高島礼子、五月みどり、歌手の方では、八代亜紀、伍代夏子、由紀さおり、園まり、吉岡聖恵(いきものがかりのボーカル)、 一青窈、三沢あけみ、さくらまや(もしかして少女淫行?)あたりでしょうか。まあ以上の面々なら、排泄を終えた直後にだって紙の代わりに舐めて清めることさえ出来るような気がします。ところで、八代亜紀と言えば、例のバイト仲間の吉田君が私と並んで郵便物の区分け作業中によく、「八代亜紀のおしっこなら飲みたいと思う?」と訊いてくるので、「もちろん」と答えると、「ほなな、八代亜紀のおしっこまるまる一回分の中に、○○(同じ部署にいる様々なおっさんの職員名)のおしっこが一滴だけ混入してる場合は?」とさらに突っ込んだ質問をしてきたことを思い出してしまいました。
Posted by 下等遊民 at 2015年04月05日 17:09
 >56歳北村様

 昨日発売の「週刊現代」最新号のグラビアを見て、名取裕子と由美かおるの名前を入れ忘れていたことに気が付きました。但し、由美かおるの生尻が拝める映画「同棲時代」のポスターがなかったのが残念。
Posted by 下等遊民 at 2015年04月07日 00:54
早速購入しましたよw「しなの川」の、小川で全裸になってる横尻も相当エロいと思います。「♪パーーーーーーンッ!!♪」とひっぱたきたくなりますなw
もちろん双臀を押し広げて、肛門を舐めるのも忘れずにww
Posted by 56歳北村 at 2015年04月08日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『官能小説「絶頂」表現用語用例辞典』
Excerpt: 『官能小説「絶頂」表現用語用例辞典』    永田 守弘:編    河出書房新社(河出i文庫)/2008.11.20/700円 快感のさけび、あられもない姿態。 性愛描写のきわ..
Weblog: 月灯りの舞
Tracked: 2008-12-29 01:17