人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2006年01月08日

私の奇人愛好癖 秋吉巒について

 昨年、緊縛画家・伊藤晴雨について書いた時にも少し触れたように、昔、古書店をまわっては古いカストリ雑誌を渉猟していた頃、それらの雑誌群の中でもそのマニア色の強さと内容の多彩さゆえ、特別に私が魅了されていたのが日本特集出版社発行の「風俗草紙」誌だった。最近はこのテの雑誌が扱う性的嗜好も細分化、専門化が進み各種のマニア専門誌が生まれているが、まだ異常性愛誌というジャンルが誕生したばかりの「風俗草紙」誌の時代には一誌の中に様々な性的嗜好が並存しているといった状況だったのである。「風俗草紙」誌もその例にもれず、サディズム、マゾヒズムはもとより女装、同性愛(男色、レスビアン)、窃視、露出、フェティシズム、獣愛、切腹愛好、死体愛好など様々な性的偏向が主としてマニアの告白手記という形で取り上げられていたが、なんといってもこの雑誌をひときわ目立つ存在たらしめていたのは秋吉巒氏の手になる幻想的でグロテスクな表紙絵(その作風には明らかにボッシュ、ブリューゲル、ダリ、エルンストなどの影響が見て取れる)であった。氏が好んで描く奇怪な怪物や悪魔たちはどことなくユーモラスでもあり、この雑誌の猟奇的でマニアックな内容をそれとなく象徴しているかのようであった。生前(氏は1981年58才で他界)には、まとまった画集が一冊もなく、私の記憶の中で秋吉巒氏の絵といえば、昔愛読していた「風俗草紙」誌のイメージしかなかったので、秋吉巒氏の死後、息子の裕一氏の編纂によって初めて世に出る事になった氏の画集「イリュージョン」(文芸社)を手にした時も、まず思い出したのは、あの懐かしくも妖しい「風俗草紙」誌の表紙絵だったのである。

 「その作風を一言のもとに要約するならば、通俗シュルレアリスムといったようなものだ。私はあえて通俗と呼ぶが、この通俗という言葉に、いささかの羨望をこめていることを承知していてもらいたい。実際、ここまでぬけぬけと自分の夢に溺れることができた画家は、その絵が売れようと売れまいと幸福だったのではあるまいか。
 売れようと売れまいと? いや、それどころか彼は自分の絵を一枚も売ろうとはしなかったのだ。画壇とも画商の世界とも完全に断ち切れたところで、彼はひたすら自分の夢をつむいでいたのだ。」

 これは画集「イリュージョン」の巻頭に掲載されていた「みずからを売らず」と題された故・澁澤龍彦氏の賛辞であるが、澁澤龍彦氏が秋吉ワールドの良き理解者であったのは想像に難くない。
 また秋吉ワールドのもう一人の良き理解者である鶴岡法斎氏も、その著書「ガラクタ解放戦線」(イーハトーヴ出版)の中でこの澁澤氏の見解に同意しつつ次のように書いている。

 「画壇や画商との交流のない世界で彼は自分自身の作りあげた世界に飲み込まれていくことを夢見ていた。そのためにはその作品世界はより密度の濃いものとならなければはらなかった。
 秋吉巒の頭の中には完璧な作品世界の誕生しかなかったようだ。自分の小宇宙に向かうベクトルしか持っていなかった彼には自分の分身とも言える作品たちも未完成にしか思えなかった。
 そして何度も同じテーマを選び、描き続けていった。彼は自分の世界が完成した時にその分身を世に解き放とうとしたのではないだろうか。」

 いかなる領域においても経済の法則が厳然と支配している資本主義社会にあって「みずからを売らず」のスタンスを貫くことは言うまでもなく至難の業であり、澁澤氏や鶴岡氏が秋吉巒氏について語った言葉は、彼が「偉大なる奇人」であったことを証明するに十分足るものであろうと思われる。

aki.png

hu.jpg 






posted by 下等遊民 at 19:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 私の奇人愛好癖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分なんぞと澁澤氏を並べ評していただき恐縮至極です。
秋吉家には何度か電話していました。未亡人に「何とか画集でも」と説得していたのですが。結果としてイリュージョンが出て、私も一安心しました。
Posted by 鶴岡法斎 at 2006年02月24日 00:20
 >鶴岡法斎様
 コメントありがとうございました。
「マンガロン」と「ガラクタ解放戦線」はわが座右の書でして、その著者からコメント頂けるとは思ってもいなかったのでこちらこそ恐縮至極です。イリュージョンの刊行はまさに快挙というべきですが、それも未亡人への辛抱強い説得の賜物だったわけですね。1980年代に秋吉巒特集の「美術手帖」が出たということを最近知りまして目下、探しているところです。秋吉巒について論じている書籍は極めて数少なく、その意味でも「ガラクタ解放戦線」における秋吉評は貴重なものだと思います。長々と引用させて頂いた事についてこの場を借りてお礼申し上げます。
Posted by 下等遊民 at 2006年02月24日 22:14
まあ私の説得に意味があったかどうかは謎ですが。美術手帳はバックナンバーを多く扱っている古書店に行けば結構見つかりますよ。私は二冊持ってます。
でも自分にとっての秋吉ワールドとの出会いは佐藤有文の妖怪図鑑なんですけどね(笑)
Posted by 鶴岡法斎 at 2006年02月25日 03:50
 >鶴岡法斎様
二冊所有とはさすがですね。私の住んでいる地では最近、古書店が次々と廃業してしまい古い雑誌や書籍を探すのが大変困難になってしまいました。しかしないとなるとますます欲しくなるのがマニアの心理でして諦めずに根気良く探してみようと思っています。ところで今、「マンガロン」を読みなおしているのですがどの章にも世代を超越したマニア特有の共通感覚みたいなものが感じられてついついのめり込んでしまいます。因みに私も根本敬の漫画は大好きです。
Posted by 下等遊民 at 2006年02月25日 17:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック