人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2009年04月24日

公然ワイセツは革命的(?)

 目下、マスコミは「SMAP」の草なぎ剛が公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された件で大騒ぎしているようだが、あらゆる犯罪の中でもこの「公然わいせつ」という罪ほど不可思議な代物はないのではなかろうか。まず犯罪というからには通常被害者の存在が特定されなければならないと思うのだが、それでは「公然わいせつ」の被害者とは一体誰なのであろうか。全裸の男あるいは女が公園内や路上を歩いていたとして、誰が被害を受けるのか(わかる人がいたら教えて下さい)。確かに全裸の男あるいは女など見たくもないという人間にある種の不快感を与えるということはあり得るかも知れない。しかし我々が何に不快感を感じるかはあくまでも千差万別であり、また我々に不快感を与えるものすべてが取り締まりの対象になるわけではないだろう。例えばフリチンのおっさんが道を歩いていて、その横を大音響で軍歌をかき鳴らしながら右翼の街宣車が走っていったとしよう。私の場合、どちらの側に多大の不快感を覚えるかといえば、明らかに後者の方(もちろんフリチンのおっさんを見るのも決して気持ちのいいものではないが)であるが、もしそこに警察官がいれば捕まえるのはフリチンのおっさんの方であるに違いないのである。まあこんなことばかり言っていると何か「公然わいせつ」を擁護しているかのような印象を与えてしまうかも知れないが(実は擁護しているのだが)、かつて「公然わいせつ」というものが革命的な様相を呈していた時代がこの日本にあったことを知ってもらう意味で、今回は竹熊健太郎著「篦棒(ベラボー)な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝」(河出文庫)の中から「目玉と爆発と全裸と」という文章を以下、紹介しておくことにしたい。

 「とりあえず時計の針を巻き戻してみよう。ときは一九七〇年四月ニ七日。場所は大阪・千里丘陵。春たけなわのできごとであった。 
 その日『日本万国博覧会』会場では、三つの『ハプニング』が同時進行的に発生していた。震源地は太陽の塔・・・・・かの有名な万博のシンボル・タワーである。 
 最初のハプニングはニ六日夕方に起こった。赤軍派を名乗る赤ヘルに青い覆面姿の若い男が、警備員の制止を振り切って太陽の塔最上部、地上七十メートルに位置する『金色の顔』右目に侵入し、『万博粉砕』と叫んで籠城をはじめたのだ。大阪府警は色めきたち、百数十名の機動隊を投入して説得工作を開始した。だが男は『近づいたら飛び降りる』と頑強に抵抗、それから五月三日までの間、えんえん一週間もたてこもった。これが世に名高い『万博目玉男事件』である。 
 もうひとつのハプニングはニ七日の午前一〇時半に発生した。『目玉男』の噂を聞きつけた、太陽の塔制作者で『芸術は爆発だ!』の岡本太郎が、太陽の塔前にあるお祭り広場に姿を現したのである。新聞記者がワッと岡本を取り囲み、『先生、今のお気持ちを!』と質問が浴びせられた。このとき岡本は終始上機嫌で、双眼鏡で『目玉男』を覗きながら、 
 『イカス!』
 を連発したという。 
 第三のハプニングが起こったのは、『爆発男』岡本が会場を去ったちょうど一時間後のことだった。ときに午前十一時四五分。機動隊・報道陣そして五万の野次馬が見守る中、現場に突然全裸の男が乱入し、太陽の塔めがけて走りはじめたのだ。 
 太陽の塔はそのとき、男の目には巨大なチンポに見えたのかもしれない。股間の逸物をブラブラさせ、全力疾走で巨大ペニスに挑むドン・キホーテ・・・・・。警察は蒼ざめ、五万の野次馬のうちある者は目を伏せ、ある者はヤンヤの喝采を送ったという。男は約十五メートル走ったところで機動隊に取り押えられ、逮捕された。この全裸男こそ、前衛会にこの人ありと知られた伝説のハプナー『ダダカン』その人である。
 目玉男・爆発男・全裸男。三者が一堂に会したこの日は、戦後史において記念すべき日だと筆者には思えるのだが、現代史の本にこの事実は載っていない。目玉男・爆発男までは扱っていても、全裸男となると公的な記録は皆無である。(後略)」

 なお海外における最近の例では↓のような記事もある。

 「バルセロナで動物愛護団体が裸で『毛皮反対』の抗議活動」
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2343017/2567394

 というわけで、まあ1970年代に平岡正明氏が発した「あらゆる犯罪は革命的である」なんてテーゼには同意できないにしても、少なくとも「公然わいせつ」だけは時と場合によって革命的たり得ることをひとまず銘記しておきたい。

Image005.jpg


---------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
posted by 下等遊民 at 23:42| Comment(4) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>イカス
凄い。岡本太郎はほんものの「芸術」家だ。
(kuronekoさんのとこの流れより)
Posted by dr.stonefly at 2009年04月25日 05:51
 >dr.stonefly様

 >凄い。岡本太郎はほんものの「芸術」家だ。

 「私が精魂込めて製作した作品を冒涜する最低の人間だ」なんてケチ臭いことを言わないところが「ほんもの」の証しですよね〜。それにしてもkuronekoさんちで岡本画伯の「芸術は爆発だ」発言を思い出した直後にこの事件。まさにグッドタイミングでした。70年代のヒッピームーブメントの頃には似たような事件がまだまだ沢山あったように思うのですが、この程度の事件で大騒ぎとは全くつまらん時代になったものですな。
Posted by 下等遊民 at 2009年04月25日 07:33
深夜の公園で大騒ぎという近所迷惑だったみたいですが、「逮捕」というのでニュースになったのでしょうね。

ところで女子は「立派だったの?草なぎの太刀」みたいなエロ地口は言わないものなのかな。
Posted by kuroneko at 2009年04月25日 14:50
 >kuroneko様

 >ところで女子は「立派だったの?草なぎの太刀」みたいなエロ地口は言わないものなのかな。

 聞いた話ではTVの通行人インタビューで、「見れなくて残念」とか答えていた女性がいたそうですが、「やっぱり孫悟空(慎吾)の如意棒より草なぎの太刀ですよね〜」ぐらいのジョークが出てほしいものですな。「公然わいせつ+草なぎの太刀」で検索してみようかな。
Posted by 下等遊民 at 2009年04月25日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

公然わいせつ
Excerpt: 公然ワイセツは革命的(?)目下、マスコミは「SMAP」の草なぎ剛が公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された件で大騒ぎしているようだが、あらゆる犯罪の中でもこの「公然わいせつ」という罪ほど不可解な代物はない..
Weblog: ビジネス情報舘2番館
Tracked: 2009-04-25 00:28

「草なぎ君逮捕される」…陰謀か、嫌がらせか
Excerpt:  スマップでアイドルの草なぎ剛が、なぎ倒され逮捕された。  これはヤバいと感じた。これが第一感。  もちろんオレがアイドルで人気者だからヤバいと感じたわけではない。一人のオサーンの行動としてヤバい..
Weblog: dr.stoneflyの戯れ言
Tracked: 2009-04-25 05:57

「草なぎ剛。不法は不法だキイキイ」報道が壊憲を隠す
Excerpt: 漢字で書くと「草?剛」ですが、よく文字化けするそうなので、「草なぎ剛」(*なぎ=弓へんに「剪」)ということで、とりあえず、この件が...
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2009-04-26 00:34