人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2006年03月02日

大文豪が書いたフェチ小説「蒲団」と「悪魔」

「SM小説」と並んで今、官能小説の世界で脚光を浴びてい
るジャンルに「フェチ小説」というのがある。まあ一口にフェ
チといっても脚フェチ、尻フェチ、巨乳フェチ、下着フェチ、
スカトロ(糞尿フェチ)などその嗜好は千差万別、多種多様で
あるだけに「フェチ小説」にも様々なタイプのものがあるわけ
だが、敢えて特色を擧げれば、「SM小説」と違いすべて男性
作家の手によるものばかりといったところだろうか。この点は
男と女の性心理構造の違いを考える上でも興味深いが、その問
題はひとまず措くとして、今回は思い切って明治時代までタイ
ムスリップして田山花袋と谷崎潤一郎という二人の大文豪が書
いた「フェチ小説」の濡れ場(?)を紹介してみたい。何事も
温故知新が肝心ということで(笑)。
 まずは明治40年発表の田山花袋の告白小説「蒲団」から。

「時雄は机の抽斗(ひきだし)を明けて見た。古い油の染み
たリボンがその中に捨ててあった。時雄はそれを取ってにおい
をかいだ。しばらくして立ち上がって襖(ふすま)を明けて見
た。大きな柳行李が三個細引で送るばかりにからげてあって、
その向こうに、芳子が常に用いていた蒲団・・・萌黄唐草の敷
蒲団と、綿の厚く入った同じ模様の夜着とが重ねられてあった。
時雄はそれを引き出した。女のなつかしい油の匂いと汗のにお
いとが言いも知らず時雄の胸をときめかした。夜着の襟のビロ
ードの際立って汚れているのに顔を押し付けて、心のゆくばか
りなつかしい女のにおいをかいだ。
 性欲と悲哀と絶望とがたちまち時雄の胸を襲った。時雄はそ
の蒲団を敷き、夜着をかけ、冷たい汚れたビロードの襟に顔を
埋めて泣いた。」

 主人公の時雄という作家が弟子として自宅で面倒を見ていた
芳子という女学生に恋人ができその子供まで宿してしまうが、
結局、彼女はその恋人と別れて郷里に戻ってしまう。こんなこ
となら自分も手を出しておけばよかったと暗い妄想に耽りなが
ら時雄は上記のような不埒な行為に及ぶという何とも情けない
話だが、日本文学史上、初めて「性欲」という言葉が使われた
記念碑的作品でもある。

 次は明治45年発表の谷崎潤一郎「悪魔」の一節。
 
「四つに畳まれた手巾(ハンケチ)は、どす黒い板のように濡
れて癒着(くっつ)いて、中を開けると、鼻感冒(かぜ)の特
有な臭気が発散した。水洟(みずばな)が滲(し)み透して、
くちゃくちゃになった冷たい布を、彼は両手の間に挿んでぬる
ぬると擦(こす)って見たり、ぴしゃりと頬ぺたへ叩き付けた
りして居たが、しまいに顰(しか)めッ面をして、犬のように
ぺろぺろと舐め始めた。
 ・・・・・これが洟(はな)の味なんだ。何だかむっとした
生臭い匂を舐めるやうで、淡い、塩辛い味が、舌の先に残るば
かりだ。しかし不思議に辛辣な、怪しからぬ程面白いことを、
己は見付け出したものだ。人間の歓楽世界の裏面に、こんな秘
密な、奇妙な楽園が潜んで居るんだ。・・・・・彼は口中に溜
る唾液を、思い切って滾々(こんこん)と飲み下した。一種掻
きむしられるやうな快感が、煙草の酔の如く脳味噌に浸潤して、
ハッと気狂ひの谷底へ、突き落されるやうな恐怖に追ひ立てら
れつつ、夢中になって、唯一生懸命ペラペラと舐める。」

 これは主人公の佐伯という学生が令嬢照子の洟(はな)をか
んだ汚いハンカチを、水洟の糟も残らず綺麗に舐めてしまうと
いうくだりで、いわば洟汁(はなじる)フェチ。

 以上、明治、大正を代表する二人の大文豪の書いた「フェチ
小説」を紹介してみたが、両作品とも作者の実体験にもとづい
たものであるのは明らか。そしてどちらも昨今の「フェチ小説」
に決して引けをとらぬ見事なまでのヘンタイぶりではないか!


--------------------------------------
TSUKAME EIKOU! KAGAYAKE EGAO!
Yahoo! JAPAN JPC OFFICIAL PARTNER INTERNET PORTAL SITE
http://pr.mail.yahoo.co.jp/wintergames/
posted by 下等遊民 at 04:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「作家養成講座 官能編」「官能小説用語表現辞典」
Excerpt: 女流作家の官能小説もいいけど こちらは男性執作家がメインの入門書。 「作家養成講座 官能小説編   ―ベストセラーH小説の書き方教えます! 」   ・館 淳一・睦月 影郎・北原 童夢..
Weblog: 月灯りの舞
Tracked: 2006-03-08 21:00

官能小説
Excerpt: 若者を考察した新書四冊、芥川二冊、宮部「火車」、シナリオの入門書二冊、官能小説五冊を購入した。 いつも本を買うときは何らかの目的があって買うわけだが、今回は官能小説というものを読んでみようと思った。..
Weblog: 気ままな妖精のようなふてくされよう
Tracked: 2006-03-21 22:56