人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2006年03月25日

全身アングラ小説家・奥月宴

 「『噂の真相』25年トラブル裏面史に学ぶトラブルシューティング術!?」(帯のキャッチ)として今月出版された「編集長を出せ!」(岡留安則・著 ソフトバンク新書)という本には「『噂の真相』を創刊した直後に遭遇した右翼団体との大々的なトラブル劇」として次のように書かれている。
 「『噂の真相』を創刊して1年ほどたった頃、筆者は右翼団体からの総攻撃を受けた。この右翼団体による抗議活動は、筆者が『噂の真相』編集長を25年間務めた中でも、最も雑誌と会社の存続が危ぶまれる大きな抗議・トラブルだった。『噂の真相』は創刊以来、日本における最大のタブーのひとつだった天皇制批判や皇室の内幕にも取り組む編集方針だったため、80年6月号で『天皇Xデイに復刻が取沙汰される皇室ポルノの歴史的評価』という記事を掲載したことが発端だった。

 70年代に入って政治の季節が終わり、言論じたいが下火となった時代背景の下で左翼インテリやアナーキストたちの鬱屈が地下出版物の形となって出回っていた時代だった。その代表格が筆名・奥月宴だったのだが、そんなアングラで出回っていた小部数、小冊子の中で皇室を風刺したポルノ小説が話題になっていた。
 
 『噂の真相』はその皇室風刺ポルノ小説を入手し、それを紹介した記事を掲載したのだ。これに対し怒り心頭となった在京の右翼団体は総力をあげて威嚇的抗議行動を大々的に展開した。」

 
 さてこのミステリアスな匿名作家・奥月宴氏の正体についてはこれまで様々な揣摩臆測がなされ、現在では故・竹中労氏ではないかとの見方が有力らしいが、ここではその正体についてあれこれ詮索するのはやめておこう。ただあの時代に同じく謎の作者によるアングラ小説として騒がれた沼正三氏の「家畜人ヤプー」がその後も匿名性を維持したまま何度もリニューアルを重ね現在に至るまで絶大な人気を博している事を思うと、奥月宴氏の「天皇裕仁と作家三島由紀夫の幸福な死」や「天皇裕
仁は二度死ぬ」といった作品が久しく文学史の闇に葬られたままになっているのは、やはり残念なことと言わねばならないだろう。奥月氏自身、自分の作品を誰が複製・出版しようとも著作権については全く問題にしない旨をはっきり宣言していることでもあり、今、奥月氏の作品を公開することは1970年代というカオス(混沌)の時代を検証する意味でも有意義なことではないだろうか。そんな思いを込めながら、次回は奥月宴氏によるアングラ不敬小説の第一弾とも言うべき「天皇裕仁と作家三島由紀夫の幸福な死」を原文のまま紹介することにしたい。この作品が、三島自決の直前に書かれたものであるという点も興味深い。



--------------------------------------
Celebrate Yahoo! JAPAN 10th Anniversary
http://pr.mail.yahoo.co.jp/10thann/
posted by 下等遊民 at 23:21| Comment(3) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
奥月宴、興味深い作家なのですね。
「家畜人ヤプー」の内容を含む記事をTBさせていただきます。
Posted by bibliophage at 2006年03月31日 10:32
多分竹中説は誤りかと思います。別の方を考えていますが、現存者なのでそれは伏せておこうと思いますが。http://takeyama.jugem.cc/?eid=342 こちら竹中氏に私淑されている方です。
Posted by じゅん at 2006年04月02日 21:01
TBありがとうございました。

私の知らない作家の理解が深まりましたと言いたいところですが、正直に言いますとよくわかりません^_^;

私の判断基準はその本が面白いかどうかにすぎないので、難しいことはわかりかねます・・・すみません(´・ω・`)ショボーン
Posted by 390X at 2006年04月17日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■噂の真相25年戦記 前編
Excerpt: 黒字でも休刊。編集長が語る雑誌作りの裏側
Weblog: Booknavi Club Internet Radio
Tracked: 2006-03-29 23:17

「噂眞」よ 復活せよ 朝日じゃラチあかん 岡留安則「〈噂の真相〉イズム」 神林広恵「噂の女」
Excerpt: WILL11月号の朝日新聞批判。田中・長野県知事についての偽造メモによるインチキ記事など最近の(に限らないかも)朝日は目に余る。俺は子どもの頃に新聞配達少年として読売販売店の親爺(売春宿を廃業した男)..
Weblog: 梟通信??ホンの戯言
Tracked: 2006-03-30 15:16

『毒書案内』 名作??奇書テンコ盛り
Excerpt: 著者:石井洋二郎  書名:毒書案内 人生を狂わせる読んではいけない本 発行:飛鳥新社 幻惑度:★★★★☆ 仏文化専門の東大教授石井氏による危険な本の案内書。 「ここに集めたのは基本的..
Weblog: 粗製♪濫読
Tracked: 2006-03-31 10:29

スタートレックはXXXです
Excerpt: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 宇宙大作戦 GALAXY BOX オタクのバイブル「スタートレック」でございます。 この番組、僕は子供の頃地元の地方放送局でイ..
Weblog: 男達のMUMIA
Tracked: 2006-04-16 10:27

『噂の女』前科一犯、執行猶予中!
Excerpt: 『噂の女』(神林広恵/幻冬舎) 「名誉毀損で訴える」とは、テレビや女性週刊誌などでよく聞くフレーズである。 実際、多くのメディアが刑事告訴されているが、 しかし起訴まで持ち込まれるケースは、..
Weblog: 朝から晩まで本を読んでいたい
Tracked: 2006-04-17 19:30

『噂の真相』のクレーム対応の舞台裏
Excerpt: 編集長を出せ!『噂の真相』のクレーム対応の舞台裏だって〜めっちゃ気になるなぁ。。。今はセミリタイアしてキャバクラ通いしてるそうだけど、結構キャバクラに通ってるオジサンって多いのかなぁwそれとも独身だか..
Weblog: 斬りまくり★プチセレブ日記No.9(裏)
Tracked: 2006-04-30 16:37

安部と三島の奇妙な関係、そしてアングラ不敬文学
Excerpt: 三島メモ。 放蕩娘の縞々ストッキングさんのこちらの記事がおもしろい。 特に後半で『映画秘宝』から引用されている、 安部譲二が用心棒をやっていたゲイバーの常連だった三島由
Weblog: 無風
Tracked: 2006-05-14 08:54