人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2013年01月17日

三一書房(元)社長の名言

ai.jpg

 15日に亡くなった大島渚監督の問題作の一つ「愛のコリーダ」が、安部定をモデルにしていたせいか、拙ブログにおける2008年のエントリーである「安部定の名言」への訪問者がなぜか急増中である。
 「愛のコリーダ」と言えば、映画公開と同時に、三一書房から出版された同タイトルの単行本(映画のスチール写真やシナリオをまとめたもの)がわいせつ文書として摘発されたことで、著者の大島渚氏と版元である三一書房社長の竹村一氏が6年間に及ぶ裁判闘争を戦った末、めでたく無罪(こういう裁判の場合、必ずしも「無罪」の方がめでたいとは言えないが)を勝ち取ったことも忘れるべきではないだろう。本日発売の「日刊ゲンダイ」には、この「愛のコリーダ」について、「『芸術がわいせつか』を巡って裁判にもなった」とあるが、これは間違いである。大島渚氏と竹村一氏の偉いところは、裁判において、「この本は芸術であって、わいせつではありません」などといったシャラくさい主張を一切拒否して、どこまでも「わいせつなぜ悪い」のスタンスを貫いた点にあるからだ。この当時、たまたまテレビのニュース番組か何かで、裁判中に放送禁止用語をバンバン連発する竹村一氏の姿を見て、「日本の文芸裁判史上、これほど面白い裁判はまずなかっただろうな」と思った記憶がある(確か、「天皇」と「わいせつ」が日本における二大タブーであることにからめて、「天皇がおまんこする」といった発言も裁判中に飛び出したとか)。というわけで、それでは、三一書房(元)社長・竹村一氏が、法廷で検察官に向って言い放った名言とはどんなものだったかというと、これだっ!ワン、ツー、スリー。

 「この写真を見て君たちのチンポが勃ったというのか。これでおっ勃たんなら異常だというのか。その歳で性的興奮するほうが異常だ。権力をかざす前に肉体鑑定してもらったらどうだ。」

 大島渚監督の御冥福を心からお祈り申し上げます。

e.jpg

haku.jpg

muri.jpg

 
posted by 下等遊民 at 21:24| Comment(4) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
複数トラバっちゃいますね〜
Posted by SEAL OF CAIN at 2013年01月18日 16:08
 >SEAL OF CAIN様

 どうも、どうも、今年もよろしくです。
新年早々、大好物のTバックを四つも送って頂き、早速、こちらからもお返しをと思いきや、どこを探してもTバックをこちらから送る装置(?)が見当たらないんです。しばらく、Tバックをどこにも送っていなかったんですが、いつの間にか、シーサーブログはTバックを受け取ることしか出来なくなってしまったようです。
 といったところで、「愛のコリーダ」の件ですが、貴エントリーにあった、「松田英子のマターリしたバカっぽいしゃべりが嫌い。」ってのは私もまったく同感であります。ていうか、私がもっとも苦手とするのがあの「しゃべり」で、AVだったら、即座に見るの中止にします。ただ、吉蔵のかみさん役を演じた中島葵(故人、森雅之の隠し子だったそうですね)にはちょっと惹かれるところがありまして、昔、この作品の裏モノで見たほんの一瞬だけの彼女と吉蔵の濡れ場シーンをもう一度見たい一心で、去年、ネットで見つけたオールディーズ(?)の裏作品専門のお店からDVDを購入した次第です。これを見ながら、なぜ中島葵を定役にしてくれなかったのかと腹立たしい気分にさえなりましたね。ちなみに、このDVDは台詞は日本語で喋っているんですが、下に英語のテロップが出て、「いく、いく」が、「come、come」になっていたのには思わず笑ってしまいましたっけ。
Posted by 下等遊民 at 2013年01月18日 22:15
新年のご挨拶を、すっかり忘れてました^^;
今年もよろしくお願いします(´▽`)ノ
Tバック貼れなくなってしまいましたか。残念!
何故この機能をなくしてしまうんでしょうね。(´ε`;)ウーン…
コメントふくめて素晴らしいので、映画の記事にリンク貼られていただきますね。
Posted by SEAL OF CAIN at 2013年01月19日 16:12
 >SEAL OF CAIN様

 >何故この機能をなくしてしまうんでしょうね。

 その理由がまったくわからんのですね。例えば、Tバックを送ることは出来ても受け取ることは出来ないっていうのなら、スパム防止のためとか察しがつくんですが、受け取る機能だけ残して送る機能をなくすことに一体何のメリットがあるのかさっぱりわからない。まあ一銭も家賃を払っているわけではないんであまりエラソーなことは言えんのですが、シーサーというところはブログ主に結構厳しくて、コメントを書き込む時にも言葉に注意しないとたちまちエラーになってしまうんですよ。

 >映画の記事にリンク

 大歓迎です。今後ともよろしくお願いします。

 
Posted by 下等遊民 at 2013年01月20日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/313975729

この記事へのトラックバック

小川徹『失われた〈愛のコリーダ〉その再現とポルノ映画論』その1 2007.8.12
Excerpt: いやはや、これ、『愛のコリーダ』よりもおもしろかったです。(笑) そうそう、その通り!と思える所がいっぱい。 定役の松田英子は、ぬわんと、天井桟敷出身で、「市川魔胡」という芸名だったそうです。..
Weblog: エデンの南 読書の部屋
Tracked: 2013-01-18 16:11

小川徹『失われた〈愛のコリーダ〉その再現とポルノ映画論』その2 2007.8.14
Excerpt: *18禁でお願いします こちらのつづきですが、後半の「ポルノ映画論」より、いくつか引用です。 ちと笑えてしまった一文を。 私たちは趣味や性的教養として知的にもたのしんでいるが、むしろポル..
Weblog: エデンの南 読書の部屋
Tracked: 2013-01-18 16:11

【本】愛のコリーダ 2007.8.6
Excerpt: 映画がまるでつまらなかったのにもかかわらず、古本市で525円だったので、思わず購入してしまった『愛のコリーダ』。 (映画の感想はこちら。) 「第一審無罪 だが検察側控訴の問題の本 高裁・最高裁では..
Weblog: エデンの南 読書の部屋
Tracked: 2013-01-18 16:13

モメたシャシン・これが問題作だ!日本映画監督協会創立70周年記念オールナイト 2006.3.26
Excerpt: 新文芸坐のオールナイト、行ってきました。 殺しの烙印(1967/日活)監督:鈴木清順 出演:宍戸錠 22:40〜 愛のコリーダ(1976/大島渚プロ)監督:大島渚 0:20〜 天使の恍惚(1..
Weblog: エデンの南 映画の部屋
Tracked: 2013-01-18 16:14