人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2015年07月19日

カントクも戦争法案にNО

 7月18日付け「日刊ゲンダイ」が、「吉永小百合も戦争法案にNО」という記事で、「映画人9条の会」の「安保関連法案に反対するアピール」に賛同する映画人が446人に達したことを報じているが、何とそこに名を連ねている映画監督の中には、長年カントクの名でピンク映画ファンに親しまれてきた、あのピンクの巨匠・山本晋也氏もいるではないか!カントクは5歳の時、東京大空襲を目の当たりにしたそうであるが、おそらく、今回の戦争法案はカントクにその時の悲惨な記憶を甦らせるに十分なものだったに違いない。ちなみに、「映画人9条の会」のHPに寄せられたカントクのメッセージは以下の通りである。

 「まず、与党議員の皆さんに申し上げたい。先の大戦は力では得るものがないという事を学んだはずだ。法案を通し、いずれ、己を議員にしてくれた選挙民たちのもとから、若者を奪って、自責のない、冷血人間になる覚悟は本気なのか? どの紛争地域で戦いが起きようと、法案を通した議員 諸氏は必ず後方の絶対安全な場所にいるはずだ。もし、安倍氏をはじめ与党議員全員が、安倍氏を先頭に銃を持って、助ける相手の敵に向っていくならまだしも、そんな覚悟はあるまい。その自己犠牲など皆無のくせに、法案通して無責任の極みだ! 与党議員が安倍氏を戦闘の先陣に立てて戦うのなら、どうぞ法案を通しなさい!」

go.jpg

ai.jpg

oku.jpg 
posted by 下等遊民 at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山本晋也さん、ググったら神田の生まれで同郷人ですね。(ネーム参照)

山本晋也監督、いつだかNHKのお昼の番組に出演していました。なんか おばあちゃん子だたっとか家族の思い出を聞かせてしんみりさせたり、日活ロマンポルノ裁判の応援を買ってでて、勝訴してた話をしたりして……。「権力に裁判で勝って飲むビールの味はうまかった」なんてNHKで堂々と言ってましたが、その前の保守派にも受けそうな家族話もあわせるところ、話のもってきようが上手いなあ、と思いました。

Posted by kuroneko at 2015年07月24日 23:44
 >kuroneko様

>神田の生まれで同郷人

 そういえば、阿部定さんも確か神田の生まれでしたっけね。素晴らしい!

 >その前の保守派にも受けそうな家族話もあわせるところ、話のもってきようが上手いなあ、と思いました。

 おそらく、ポルノ監督の中ではこれまで誰よりも多くNHKに出ているのが、カントクであるといってもいいんじゃないでしょうかね。ポルノ監督といっても、若松孝二的な政治的ラジカリズムの匂いは皆無で、どちらかというと古風な人情味溢れる江戸下町的キャラの持ち主であるところが、NHK的には、「安心して呼べる」といったところなのかも知れませんが。今回のメッセージにしても、多分に情緒的である分、保守派の心情を逆なでするようなこともないんじゃないでしょうかね。
Posted by 下等遊民 at 2015年07月25日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック