人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2016年03月03日

エロ雑誌の中の「昭和」(3)

dan.jpg

 前回の「.エロ雑誌の中の『昭和』」では、昭和30年代におけるボットン便所(汲み取り式便所)にまつわる話を取り上げたが、今回は昭和30年代における水洗式トイレにまつわる話ということで、「週刊特報」(新樹書房)昭和37年(1962年)6月14日号の中の「緊急特報! 断水トイレに泣く東京のBGたち」という記事を取り上げてみることにしたい。最近のことはよくわからないが、この「週刊特報」が出た昭和37年当時の東京では、断水になることが少なくなかったようで、この記事では断水という事態が女性達にとっていかに悩みの種であったか、その具体例がいろいろと取り上げられていて興味深い。たとえば、水が流せないと、おしっこの発射音が外につつ抜けになってしまうなんてことも女性達にとってはなかなか深刻な事態だったようであるが、男共にとってはまったく事情が違っていた。中には、「女の子は、よく、水洗のヒモをひっぱって水を流しながら、その水音にまぎれてやるでしょう。ところが、ヒモをひっぱったって出ないんだから、こりゃシャクだったと思うでしょうね。きっと・・・・・。しかしね、水の出ないおかげで、あのナマの音をきいていると、体の特徴が手に取るようにわかりますよ」と言ってのける不届き野郎も。都市部では昭和30年代中頃くらいまでには、水洗式トイレがほぼ普及し終わったそうであるが、トイレが汲み取り式から水洗式に変わったからといって、一朝一夕に快適な文明生活(?)が訪れたわけではなかったということである。ちなみに、「BG」とは今でいう「ОL」のこと。
posted by 下等遊民 at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>昭和37年当時の東京では、断水になることが少なくなかったようで

わたしは小学生になっていましたから記憶してますけど、東京は水不足の心配って常にありましたね。
 人口が急増しているから供給が追いつかないというのが理由でしょう。
 多摩川水系、荒川水系では足りないで、利根川からも水を引こうとしていたんじゃないかな。実力者の河野一郎という建設大臣がいて、オリンピックに間に合わせるよう水道用水の導水路工事を視察してはっぱをかけた、なんてグラビア特集が週刊誌に合ったような・・・。


 BGって数年は使われたかもしれないけど、すぐ廃りましたね。たしか最初は business girl の略でBGといったんですよね。そうしたら事情通というかが「business girl」っていったら、彼の地では売春婦のことを指しているよ、って言い出して、それなら office lady にしようということで、OLになった。
 
 なんでgirlをやめたらいきなりladyになるのかよくわからないけど。


 「本の雑誌」だっけな。返信連絡用はがきの属性の項目に、会社員のほかにOLというのがあったら、返信した女性があまり糾弾調ではなく「会社員とは別にOLというものがあるというのはひっかかります」って書いていて、椎名誠が反省していたことがあったと思います。

 
Posted by kuroneko at 2016年03月05日 16:35
 >kuroneko様

 >東京は水不足の心配って常にありましたね。

 「東京砂漠」って言葉が東京オリンピックが開催された昭和39年に流行っていたことから推測すると、この当時の東京の水不足は相当に深刻なものだったんでしょうね。そうした状況下、河野一郎氏の鶴の一声は水不足に悩まされる庶民にとって、まさに干天の慈雨の如きものと思われたたんじゃないかと。

 >BGって数年は使われたかもしれないけど、すぐ廃りましたね。

 調べてみたところ、昭和38年にNHkが「BG」を放送禁止用語に指定したということなので、この言葉の場合はいつの間にか廃れたというより、人為的に抹消されたって感じもしますね。

 >なんでgirlをやめたらいきなりladyになるのかよくわからないけど。

 「BG」が放送禁止になったことを受けて、「女性自身」誌が「BG」に変わる言葉を募集したところ、「オフィス・レディ」が4256票、「オフィス・ガール」が4189票、「サラリー・ガール」が2964票だったそうなんで、girlとladyの差はほんの僅差だったってことになりますよね。

 >「会社員とは別にOLというものがあるというのはひっかかります」

 そもそもアメリカでは、「セクレタリー」とか「オペレーター」のようにはっきりと業務内容を表す言葉は存在しても、業務内容のはっきりしない「ОL」みたいな言葉は存在しないようなんで、そういう地点から見れば、この疑問は至極もっともであったとも言えますよね。
Posted by 下等遊民 at 2016年03月06日 01:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック