人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2016年04月24日

エロ雑誌の中の「昭和」(8)

kinn.jpg

 昭和37年(1962年)に起きたマリリン・モンローの怪死事件は当時、日本でも大変な話題となり、その後はちょっとしたモンローブームのような社会現象が続いたようで、たとえば、「週刊文春」に連載された船橋聖一の「モンローのような女」という小説が、昭和39年(1964年)に松竹で映画化(主演・佐田啓二)されたのもその一例であるが、「別冊近代映画」(近代映画社)昭和40年(1965年)3月号(日本映画セクシー特集号第2集)の「“和製モンロー”始末記」という記事によると、松竹はこの映画の製作にあたって、素人(?)女性限定で大々的に主演女優を募集、そのために一億円という巨費を投じたという。結局のところ、主演女優に選ばれた真理明美はそれ以前にも及川久美子という本名でドキュメンタリー映画に出演していたため、まったくの素人というわけではなかったが、いずれにしろ、松竹がこの作品で、斜陽産業と呼ばれた当時の日本映画界の起死回生を狙っていたことだけは確かだろう。「モンローのような女」は未見なのだが、機会があれば是非、見てみたい一本であります。

mon.jpg 
posted by 下等遊民 at 00:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画のポスター

昔、地下鉄の駅に映画のポスターがあって、その映画の原作が船橋聖一だという記憶が。タイトルは、夏子とかいいました。

そのポスターについているフレーズが、「解かれるために帯を締め、抱かれるためにすねてみる」というので、まだガキンチョのわたしは、すごく色っぽいなあ、と感じいった覚えがあります。

というコメントをつけようと思って、確認にため検索したら、なんと画像が! (ネーム)

船橋聖一って、昭和30年代、情痴派とか言われていなかったかなあ。耽美派だっけな。(えらい違い)
Posted by kuroneko at 2016年04月25日 19:53
 >kuroneko様

 画像の紹介、ありがとうございます。この作品は未見なんですが、この頃の若尾文子さんの妖艶さといい、ポスターのキャッチコピーの小粋さといい、何かそそられるものがありますよね。

 >まだガキンチョのわたしは、すごく色っぽいなあ、と感じいった覚えがあります。

 フト、「栴檀は双葉より芳し」って諺があったことを思い出してしまいました。

>情痴派

 まだ官能小説なんて言葉がなかった時代、官能小説ほどは露骨でない形で男女のドロドロを描いた小説を情痴小説といったようで、船橋聖一なんかはその代表的存在だったようですね。戯れに「情」と「痴」をひっくり返して「痴情」にすると一層、いやらしさが増すような気も。
http://kussy.sakura.ne.jp/DBN/card.php?mode=0&cardID=17295
Posted by 下等遊民 at 2016年04月26日 00:53
浜美枝サマは「砂の香り」という映画で
美尻を披露されてましたな。
また、週刊プレイボーイでも
ヌードを披露されていましがた、
そのプレイボーイの表紙が女性の背中から
尻にかけて動物のボディペインティングを
していたのがすごくエロかった!
Posted by 57才北村 at 2016年04月29日 02:38
 >57才北村様

 >そのプレイボーイの表紙が女性の背中から
尻にかけて動物のボディペインティングを
していたのがすごくエロかった!

 調べてみたところ、「砂の香り」の中で披露したヌードを「週刊プレイボーイ」で再現したもののようですな。ボディペインティングといえば、この作品が公開された昭和43年(1968年)頃はちょうど「サイケデリック」なんて言葉が一世を風靡していたような気が。↓に関連画像のURLを貼っておきましたので、是非ともご覧ください(この「週刊プレイボーイ」は目下、ヤフオクでものすごい高値が付いているようですな!)。

http://seisyundo.jp/playboy2/

http://ameblo.jp/runupgo/entry-10585886019.html

http://eninaru.blog53.fc2.com/blog-category-14.html


Posted by 下等遊民 at 2016年04月29日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437061086

この記事へのトラックバック