人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2016年08月26日

浅草サンバカーニバル

san.jpg

浅草の夏の風物詩、浅草サンバカーニバルがいよいよ明日午後1時より開催されるとのこと。このイベント、初回の開催が1981年というから今年は35回目ということになるが、今回はリオ五輪開会式の影響も大きく、例年以上の盛り上がりが予想されている。サンバカーニバルといえば、私がよく行くDVDレンタルショップの「盗撮物」のコーナーでも、「女子トイレ」や「女風呂」や「パンチラ」を撮ったものほど数は多くないにせよ、ちらほら見かけるのが「サンバカーニバル」を「盗撮」したとかいう代物。考えてみれば、撮影禁止でないものを「盗撮」したというのも変な話だが、それはさておき、時間的にも経済的にも、遠路はるばる浅草までサンバカーニバルを見にいくだけの余裕がない当方としては、一本100円そこそこのレンタル料で、浅草サンバカーニバルの熱気を疑似体験できるのはまことありがたいことである。
posted by 下等遊民 at 10:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おっ!、サンバカーニバルですね
○撮系のジャンルとしては好みからは微妙にハズレますが、確かに昔から投稿系の写真雑誌に載っていたものでしたね〜。
やはりあのキワどい衣装(あの〜お尻見えてますが)がタマランという向きもあるようですが、個人的には「見せるため」に存在するのものは「○撮」のジャンルから外れると思っています。
Posted by wakuwaku1776 at 2016年08月28日 20:06
 >wakuwaku1776様

 >やはりあのキワどい衣装(あの〜お尻見えてますが)がタマランという向きもあるようですが、

 実は当方もそのクチなんですが、「見せるため」に存在するのものは「○撮」のジャンルから外れるということも、サルトル流「覗きの哲学」からすれば至極当然のことといえるわけで、結局のところ、どういうシチュエーションであれ、お尻が見えていればokと考えるか否かが「尻フェチ」と「盗視者」の違いといえるかも知れませんね。もしかすると、一切の文脈を無視してどこまでもパーツに執着することこそがフェチのフェチたる所以であるのかも。
Posted by 下等遊民 at 2016年08月29日 01:04
>どういうシチュエーションであれ、お尻が見えていればok

痔の手術の症例を医学書で見て興奮する○○フェチがいるかどうかわかりませんが、お尻全体が写っている腫物の写真だったら、「非日常性にそそられる」ってオシリストがいるかも。

 企画もので「蚊に刺された美尻」とか「接触皮膚炎の美乳」とかあるかしらん。手間の割に固定客はいないかな。
Posted by kuroneko at 2016年09月12日 11:35
 >kuroneko様

 痔の手術の症例を医学書で見て興奮する○○フェチがいるかどうかわかりませんが、女性の肛門にイボ痔らしき突起物があるのを見つけて興奮するマニア(私もかなり近いところにいるわけですが)がいることは↓のようなサイトが存在していることからも明らかだと思いますね。

http://okkisokuho.com/00003546

 >企画もので「蚊に刺された美尻」とか「接触皮膚炎の美乳」とかあるかしらん。手間の割に固定客はいないかな。

 残念ながらネットにアップされたものでは医学的なものしか見つかりませんでした。

 なおパソコンのトラブルでしばらくブログの方が「放置プレイ」状態だったため、レスが遅れてすいませんでした。


Posted by 下等遊民 at 2016年10月04日 01:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック