人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2017年04月20日

中川俊直性務(?)官と女性用アダルトグッズ

 本日発売の「週刊新潮」4月27日号が報じている中川俊直経産政務官の重婚&ストーカー疑惑について、フジテレビの「直撃LIVE グッディ!」という番組が取り上げているのを昼間、たまたま目にしたのであるが、傑作だったのは愛人が自宅のリフォーム写真をフェイスブックにアップしたところ、中川議員がそこに写っていた工具を(風車を怪物と勘違いしたドン・キホーテよろしく)大人のおもちゃと勘違いしたという話。三田友梨佳アナはこれについて「ばかばかしい」「こんなことをお伝えするのが情けない」と嫌悪の情をむき出しにしていたが、病的に嫉妬深いといわれる中川氏のこと、妄想の中の女性用アダルトグッズに対してもめらめらと嫉妬の炎を燃やしたであろうことは想像に難くない。以下は現在、アマゾンで売られている女性用アダルトグッズの中から特にスグレモノと思われたものの画像であるが、中川氏が大人のおもちゃと勘違いした工具って一体どんなものだったのだろうか?このあたりも国会で追及してほしいものである。

sio.jpg

ジー.jpg

hati.jpg

ma.jpg

tikubi.jpg
posted by 下等遊民 at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「張形は ずいぶんよしと 局いい」とか「人間の たけりまである 小間物屋」とか、古川柳にはよく出てきますね。

 それにつけても、なんとなく怪しげな色あい。ベージュとかクリームとかはないのかな。
Posted by kuroneko at 2017年04月22日 23:58
 >kuroneko様

 >人間の たけりまである 小間物屋

 作家で「週刊金曜日」書評委員の北原みのりさんが1996年に、女性も気軽に入れる女性専用アダルトグッズショップということで、「ラブピースクラブ」をオープンしたそうですが、江戸時代には張形が普通に日用雑貨として小間物屋で売られていたというのが驚きですね。

 >ベージュとかクリームとかはないのかな。

 現在、アマゾンが扱っているものではピンクがもっとも多く、次がパープルといった感じで、なぜかベージュとかクリームが見当たらないんですよね。

 ちなみに、日本で記録に残っている最古のバイブは、飛鳥時代に遣唐使が唐から持ち帰ったもののようですね。

https://matome.naver.jp/odai/2132905930968510201
Posted by 下等遊民 at 2017年04月23日 11:09
 中川(酒)=中川昭一、中川(女)=中川秀直と並称された秀直氏の子息なんですね。この俊直氏。
 その下半身の倅さんは剛直というのか、なんてアホネタをいう奴が出てくるでしょうね。(お前だけじゃ!)
Posted by kuroneko at 2017年04月24日 22:10
 >kuroneko様

 >その下半身の倅さんは剛直というのか

 地元では、秀直氏はシュウチョク、俊直氏はシュンチョクと呼ばれていたようなんで、その下半身の倅さんがゴウチョクと呼ばれることはあり得るんじゃないでしょうかね。まあED気味の当方からすれば、ここはひとつ「柔よく剛を制す」なんて諺を持ち出したいところではありますが・・・・・。

 >中川(酒)=中川昭一、中川(女)=中川秀直

 中川(女)というのが秀直氏のことを指す以上、俊直氏には(女)とは別のキーワードを持ってくる必要がありそうですね。重婚疑惑があるということで、中川(重)とか、工具をアダルトグッズと勘違いしてしまうという類いまれなる妄想力に敬意を表して、中川(妄)なんてのはどうでしょうか。



Posted by 下等遊民 at 2017年04月25日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449186854

この記事へのトラックバック