人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2017年11月25日

三島由紀夫と「愛国心」

 「実は私は『愛国心』といふ言葉があまり好きではない。何となく『愛妻家』といふ言葉に似た、背中のゾッとするやうな感じをおぼえる。この、好かない、といふ意味は、一部の神経質な人たちが愛国心といふ言葉から感じる政治的アレルギーの症状とは、また少しちがつてゐる。ただ何となく虫が好かず、さういふ言葉には、できることならソッポを向いてゐたいのである。この言葉には官製のにほひがする。また、言葉としての由緒ややさしさがない。どことなく押しつけがましい。反感を買ふのももつともだと思はれるものが、その底に揺曳してゐる。では、どういふ言葉が好きなのかときかれると、去就に迷ふのである。愛国心の『愛』の字が私はきらひである。自分がのがれやうもなく国の内部にゐて、国の一員であるにもかかはらず、その国といふものを向う側に対象に置いて、わざわざそれを愛するといふのが、わざとらしくてきらひである。」(三島由紀夫「愛国心」より )

 すっかり忘れ果てていたのだが、先ほどたまたま立ち寄った友人宅での雑談の中で今日が三島由紀夫の命日(憂国忌)であることを思い出した。↑に引用した文章は、三島由紀夫が自決の2年前の1968年(昭和43年)、朝日新聞夕刊に書いたものだが、49年の歳月を経ているにもかかわらず少しも色褪せた感が感じられないところはさすがである。
posted by 下等遊民 at 19:53| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 愛国百人一首とか愛国行進曲とか、戦争へ向かうなかで「愛国」という言葉は大量生産されたでしょうね。
 三島ならずとも、俗物の手による粗製乱造の言葉と感じられても不思議はないけど、左翼は政治文脈でのみこの言葉を批判してきたのでしょう。

 「愛国」って明治期にもよく使われた言葉だったのでしょうかね。「愛」って言葉自体が、日本人にはすわりが悪いような心持があるのではないかな。キリスト教が盛んに使うので、そのバイアスもあるかもしれない。「恋愛」って言葉も、近代になって独自の意味で広まったでしょうし。
 まあ「敬天愛人」みたいに熟せば、そんなに抵抗感はないけど。
 日本語の伝統、日本人の感覚からいうと「愛国」というのはわざとらしさがあるでしょうね。「愛妻家」を引き合いに出すのはうまい例示だと思います。
Posted by kuroneko at 2017年11月26日 17:48
 >kuronekoさま

太宰の桜桃忌が今なお一般受けしているのに対し、三島の憂国忌が一部のマニア(?)の間を除いてまったくといっていいほど話題にならんのはやはりあの特異な死に方によるものなんでしょうかね。

 >左翼は政治文脈でのみこの言葉を批判してきた


 左翼の「愛国心」批判がもっぱら戦略的(その原点にはレーニンの「革命的祖国敗北主義」あたりがあるのかも知れませんが)、論理的なものであるのに対し、三島の「愛国心」批判には生理的、肌感覚的な嫌悪感みたいなものが強く感じられますよね。ただ生理的、肌感覚的である分、こちらのほうが一層、根が深いとも言えそうですが。

 >「愛国」って明治期にもよく使われた言葉だったのでしょうかね。

 板垣退助の愛国社やら奥村五百子の愛国婦人会やら、とにかく明治時代には何にでもやたらと「愛国」という言葉をくっつけるのが流行っていたようですが、これって1930年代の西欧で大した意味もなく、やたらと「社会主義」という言葉をくっつける(ヒトラーの「国家社会主義ドイツ労働者党」みたいに)のが流行ったのとどこか似ているんじゃないでしょうかね。

 >「恋愛」って言葉も、近代になって独自の意味で広まった

 そういえば、近代文学の中の「恋愛」ってなんか命がけで遂行しなきゃならん一種の宗教活動みたいな感じすら受けますよね。

 >まあ「敬天愛人」みたいに熟せば、そんなに抵抗感はないけど。

 「愛」などという茫漠とした定義不能な言葉を使う以上はせめてこれくらいの大風呂敷は広げてほしいもんであります。

>「愛妻家」を引き合いに出すのはうまい例示

「愛国心」という言葉から受ける胡散臭さや気色悪さを説明するのにこれ以上、相応しい例示はないんじゃないでしょうかね。これが「愛犬家」とか「愛猫家」だったらまったく説得力がないんじゃないかと。
Posted by 下等遊民 at 2017年11月27日 21:23
以下の記事で三島と橋下が対比されていますけど、70年代と現代を比べて知的劣化だとも感じますね。

http://blog.livedoor.jp/easter1916/archives/52516248.html
Posted by kuroneko at 2019年02月03日 23:16
 >kuronekoさま

 ご紹介頂いた記事の中に三島と橋下の名前を見つけることが出来なかったので、三島由紀夫と橋下徹で検索かけてみたところ、こんな記事が見つかりました。

https://ameblo.jp/feso-magari/entry-12028331334.html
Posted by 下等遊民 at 2019年02月13日 02:02
下等遊民さま
 
これはとんだ粗忽を。
失礼いたしました。

岩下俊三さんのコメント欄に貼り付けたものが残っていて、それをペーストしてしまったようです。

http://blog.livedoor.jp/shunzo480707/archives/5448871.html

貼ったあとにURLを確認しないとだめですね。
表題も明記しなければ。(検索できるから)
貼ろうと思ったのはこちら。

菅孝行『三島由紀夫と天皇』(平凡社新書)
https://ameblo.jp/e-konext/entry-12436486810.html

Posted by kuroneko at 2019年02月13日 22:59
 >kuronekoさま

 ご紹介の記事、興味深く読ませてもらいました。菅孝行については70年代に脚光を浴びていた思想家というイメージを持っていたんですが、本書が昨年、出版されたものだと知ってそのブレのなさにあらためて感心させられました。70年代に比べて現代の政治風景がいかにポピュリズムに支配されているかを明らかにするためには三島と橋下の天皇観を対比してみせるのが最も手っ取り早いやり方ってことなんでしょうね。「三島由紀夫と天皇」というタイトルで思い出したんですが、三島自決の直前に秘かに出回っていたアングラ小説「天皇裕仁と作家三島由紀夫の幸福な死」(奥月宴)をあとがきで著者がどんどん「拡散」してほしい旨のことを書いていたのを真に受けて全文、拙ブログで紹介したことがありましたっけ。

http://yakenn2002.seesaa.net/article/15664374.html

http://yakenn2002.seesaa.net/article/15989516.html

http://yakenn2002.seesaa.net/article/16538761.html
Posted by 下等遊民 at 2019年02月14日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: