人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2018年07月30日

「新潮45」8月号を読んでみた

asa.jpg 

自民党の杉田水脈・衆議院議員が月刊誌「新潮45」に寄せた「『LGBT』支援の度が過ぎる」という記事が大炎上中と聞いて、早速、件の記事を読んでみたのだが、なんか朝日新聞に難癖をつけるという今回の特集(日本を不幸にする「朝日新聞」)に合わせるため、無理やり「LGBT」のことを持ち出したという印象が強い。なかでもまったくもって意味不明だったのが、「マスメディアが『多様性の時代だから、女性(男性)が女性(男性)を好きになっても当然』と報道することがいいことなのかどうか。普通に恋愛して結婚できる人まで、『これ(同性愛)でいいんだ』と、不幸な人を増やすことにつながりかねません。」という文章(これ、理解できる人がいるだろうか?)。こんな支離滅裂な文章で難癖をつけられた朝日新聞こそいい面の皮である。
posted by 下等遊民 at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「『人前でおならをするのは生理現象だからしょうがない』と報道することがいいことなのか。所かまわず放屁して、笑いをとる者が増えることにつながりかねません」って立論のほうが、飛躍は少ないような。

それにねえ。「普通に恋愛して結婚できる人」(異性愛者)まで、「これでいい」って同姓婚を志向するってことは、万人は伊達や酔狂やファッションでどちらの性別でも結婚相手をするのは選べる、って前提がある議論建てじゃないじゃなあ。
それでいいんですかねえ。

伊藤浩士さんは炎上商法説をとっています。

https://ameblo.jp/huyunohi1684/entry-12394522354.html
Posted by kuroneko at 2018年07月31日 11:08
「『人前でおならをするのは生理現象だからしょうがない』と報道することがいいことなのか。所かまわず放屁して、笑いをとる者が増えることにつながりかねません」って立論のほうが、飛躍は少ないような。

それにねえ。「普通に恋愛して結婚できる人」(異性愛者)まで、「これでいい」って同姓婚を志向するってことは、万人は伊達や酔狂やファッションでどちらの性別でも結婚相手をするのは選べる、って前提がある議論建てじゃないじゃなあ。
それでいいんですかねえ。

伊藤浩士さんは炎上商法説をとっています。(ネーム参照)

Posted by kuroneko at 2018年07月31日 11:10
 >kuronekoさま

 >「『人前でおならをするのは生理現象だからしょうがない』と報道することがいいことなのか。所かまわず放屁して、笑いをとる者が増えることにつながりかねません」って立論のほうが、飛躍は少ないような。

 確かに。「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな杉田議員の立論よりもこちらの立論のほうが理路としてはよっぽど筋が通っているような気がしますね。というか、杉田議員説には「風が吹けば桶屋が儲かる」ほどの説得力もないんじゃないかと。

 >伊藤浩士さんは炎上商法説をとっています。

 ご紹介ありがとうございます。たいへん面白く読ませていただきました。露出癖のある男が公衆の面前でイチモツを露出して喜んでいる場合、見せられた側が恐れたり騒いだりすればするほど男の思うつぼ、「まあ粗末なイチモツだこと」と笑ってさしあげるのがイチモツを萎えさせる上での最も効果的なリアクションであるって聞いたことがあるんですが、もしかするとこのテの炎上商法にもそれと同じことが当てはまるのかも知れませんね。
Posted by 下等遊民 at 2018年08月01日 02:34
 >kuronekoさま

 >万人は伊達や酔狂やファッションでどちらの性別でも結婚相手をするのは選べる、って前提

 杉田議員はこの記事の中で、LGBとTを一緒にするな、なぜならLGBは単なる趣味の問題であるのに対し、Tは性同一性障害すなわち障害の一種であるから、といった趣旨のことを書いているんですが、さてLGBとTはそれほど截然と区別できるものなんですかね〜。それと子供を作らないということに関していえば、Bは男女どちらでも対象にし得るわけなので、子供を作らないというのは完全にそ的外れではないかと。それと、「LGBT」支援の度が過ぎる、という記事タイトルにもかかわらず、「度が過ぎた支援」の具体例が一つも示されていないのはどういうわけでしょうかね。
Posted by 下等遊民 at 2018年08月04日 22:16


下等遊民さま

>「度が過ぎた支援」の具体例が一つも示されていないのはどういうわけでしょうかね。

行き過ぎたジェンダーフリーを非難する議論が、どこまでが適正なジェンダーフリーか、一向に判然としないのに似ていますね。
Posted by kuroneko at 2018年08月08日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: