人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2018年10月11日

ハズキルーペと「お尻フェチ」

 「世の中の文字は小さすぎて、読めないっ!」と渡辺謙が大声を張り上げる例のCMが何かと注目を集めているハズキルーペを当方もついに購入。「世の中の文字は小さすぎて、読めないっ!」のが購入の理由なのは言うまでもないが、もしも↓のCMがなかったとしたら、購入するまでには到らなかったかも知れない。まさにサブリミナル効果恐るべし、である。

posted by 下等遊民 at 14:39| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前作、菊川怜の太ももに目がいっていたのですが、今回は家庭では受けが悪そうな、水商売バージョンですね。

動画の14秒ぐらい。すごく細長い三角形って、あれ爪なのかな。

それにつけても ハズキルーペってスゴイ量の宣伝していますね。
Posted by kuroneko at 2018年10月11日 22:24
 >kuronekoさま

 >前作、菊川怜の太ももに目がいっていたのですが

 菊川怜の太もも、実にエロいですよね〜。あのわざとらしい台詞とウィンクもどこか昭和のCMを彷彿とさせノスタルジーを覚えます。

 >今回は家庭では受けが悪そうな、水商売バージョン

 昨年、テレ朝で放映されてた、武井咲主演「黒革の手帖」のパロディみたいなCMですよね。このドラマ、銀座の高級(?)クラブのオネーチャン達がやたらと取っ組み合いの大喧嘩をするのが楽しみで毎回見ていたんですが、仮に原作者の松本清張先生が生きていて、このCM見たとしたら、そのシュール(死語?)さにドン引きしてしまうんじゃないかと。

 >すごく細長い三角形って、あれ爪なのかな。

 ネイル(ネイルアート)って言うんですかね。若い世代も取り込もうって魂胆か。

 >それにつけても ハズキルーペってスゴイ量の宣伝していますね。

 ネット上でも賛否両論沸き起こっていて、中には「さすがに尻踏み4連発は下品すぎ」といった非難もあるようですが、尻フェチとしては、1尻より2尻、2尻より4尻の方が好ましいのは言うまでもありません。そもそもCMに品位なんて求めてどうするのって話だと思うんですが・・・・・。
Posted by 下等遊民 at 2018年10月12日 09:41
思い返せば、ハズキルーペのCMって、最初は舘ひろしが渋い父親役で実の娘と(パパと呼んでても愛人設定じゃないですよね)食事して、娘がうっかりハズキルーペに腰掛けちゃうという設定でしたね。頑丈だという商品の長所を地味にアピールしていただけだろうと思うけど、渡辺謙、菊川怜バージョンでは、お尻ふみカットをワイプで繰り返す念入りさ。

そして今度はエスカレートして、お水ネーチャンの尻ふみ四連打。

この先どうなることやら。


お笑い芸人が、「ハズキルーペとかけて、恐妻家のレスラーととく。そのココロは、尻に敷かれてもタフガイでしょう」なんて昭和ななぞかけを披露するなんて方にはころがらなさそう。
Posted by kuroneko at 2018年10月17日 13:37
 >kuronekoさま

 >そして今度はエスカレートして、お水ネーチャンの尻ふみ四連打。

 渡辺謙、菊川怜バージョンでは、うっかり踏んじゃった感が強かったのに対し、新バージョンでは武井咲ママの「みんな、ハズキルーペを置いて」という号令のもと、オネーチャン達が確信犯(?)的にハズキルーペをお尻で踏んでいくところが斬新というか、マニアックですね。もし谷崎翁が生きていたとしたら新バージョンの方を好むんじゃないかというのは当方の勝手な空想ですが。

 >この先どうなることやら。

 ハズキルーペといえば、尻踏みのイメージが完全に定着してしまっているようなんで、今後も尻踏み路線をきわめていってもらいたいですね。とにもかくにも話題性という点では、1969年の丸善石油のCM「Oh!モーレツ」( 小川ローザ)に匹敵するレベルといえるかも。
Posted by 下等遊民 at 2018年10月18日 01:07
ハズキルーペがプラスチック製品のわりには高額なので、書店で売っている「宝島社」製の1200円のヤツを買いました。

 1.6倍?で、針に糸も通せるようになりました(笑)


 そして、

NHK BSプレミアム 12/15(土)午後11時45分〜 午前0時45分 放送

「ダークヒーローの美学 力石徹」

  この番組中の [48年前に行われた「力石の葬儀」参列者を発見] のコーナーに10分間程度出演します。

 ミリタリー・ルックでロン毛グラサンのイカれた中年オヤジが、『あしたのジョー』 と力石徹を熱く暑く語ります。。。

 というか、48年前に行われた「力石の葬儀」参列者...こそが、当の僕本人なのです。

 講談社 講堂ロケは疲れましたが、良い経験でした。

http://www4.nhk.or.jp/P4897/


Posted by Anthony at 2018年12月10日 02:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: