人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2019年08月31日

愛の不自由

NHK Eテレの障害者をテーマにした情報バラエティ番組「バリバラ」はここ数年、日本テレビ系「24時間テレビ 愛は地球を救う」の裏で、いささか挑発的ともいえる内容のものを生放送してきているが、先週末(8月24日・深夜)に放送されたものはこれまでの中でもっとも内容の濃いものだったと言えるだろう。テーマは「芸術の不自由」ならぬ「愛の不自由」で、アダルトビデオを見ながら妄想の中で性の営みを行う重度障害者のカップルから挑発的なボンデージファッションで登場するやいなやタチ役の女性がネコ役の女性の豊満な生尻をスパンキングしてみせる白人のレズビアンカップルまでまさに多様な性の形が紹介されていた。ネット上では「これのどこが教育なの?」といった批判の声も上がっているようだが、多様な性のあり方を見せることは充分に教育的であり、公共放送に相応しいものとはいえないだろうか。誰か「N国からNHKをまもる党」とか立ち上げてくれないものだろうか。

bara.jpg
posted by 下等遊民 at 11:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ご注進、ご注進。
 「女子高生…」とかってタイトルの記事を捜すのが億劫だったので、トップのページにお邪魔しますが、神奈川新聞で以下の記事を見つけました。

複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

https://www.kanaloco.jp/article/entry-162019.html

 県警少年捜査課と緑署は17日、県青少年保護育成条例違反の疑いで、川崎市高津区久地1丁目、会社員の男(24)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月8日、横浜市旭区のホテルで、同市緑区に住む女子高校生(15)にみだらな行為をし、同区に住む別の女子高校生(16)にわいせつな行為をした、としている。署によると、容疑を認めている。女子高校生同士は友人という。

 というケシカラン話なんですが、警察用語の「みだらな行為」と「わいせつな行為」の差ってご存知ですかね。わたしは「みだらな行為」は〇〇、「わいせつな行為」は△△かなあ、って思ったんですけど。(禁止ワードがわからないからうっかりかけない)
Posted by kuroneko at 2019年09月05日 00:33
 >kuronekoさま

 なんかアダルトビデオのシチュエーションをそのまま地でいくような事件ですよね〜。「みだらな行為」と「わいせつな行為」の違いについては記事を読んだ側がそれぞれ勝手に想像してくださいってことなんでしょうかね。もう昔の話になりますが、同種の事件の新聞記事に、「女子高生を四つん這いにして後ろからいたずらした」といったような記述があったことを思い出してしまいました。このテの事件の報道に関しては、昔の方が現在よりもはるかに親切(?)だったってことなんでしょうか。

>わたしは「みだらな行為」は〇〇、「わいせつな行為」は△△かなあ、って思ったんですけど。(禁止ワードがわからないからうっかりかけない)

「みだらな」については、なかにし礼が作詞した「時には娼婦のように」の一番の出だしの歌詞が♪時には娼婦のように、みだらな女になりな〜、だったように、なんとなく詩的、情緒的な響きが感じられますが、「わいせつな」の方には「わいせつ物陳列罪」といった法律があるせいか、どこか法律用語的な響きを感じてしまいます。そういえば、つい先日、私の地元で病院の医師が店舗内で女性従業員にイチモツを見せびらかして逮捕されるという事件がありましたが、さてこれは「みだらな行為」なのか「わいせつな行為」なのか。↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000008-sut-l22
Posted by 下等遊民 at 2019年09月05日 19:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: