人気blogランキングへ

サブカル雑食手帳

メールはこちらへ

2017年02月14日

青林堂VS青林工藝舎

 いわゆるヘイト本の出版で知られる青林堂については、ここでも一年ほど前に、「サブカル系出版社のネトウヨ化」というエントリーで取り上げたことがあったが、今度はその青林堂の社内パワハラ問題がめでたく訴訟沙汰になったそうで、こうした一連の流れを見るにつけ、青林堂における出版物と企業体質との間のあまりに見事な首尾一貫性というか論理的整合性というか、とにかくそのブレのなさにはあらためて驚嘆すべきものがあるのである。青林堂については、昨夜のテレビニュースでもかつて漫画雑誌「ガロ」を出版していた会社として紹介していたが、「ガロ」の精神を継承しているのは路線の対立から青林堂を飛び出した人達が新たに立ち上げた青林工藝舎の方であり、そのことは青林工藝舎のHPを覗いてみるだけで一目瞭然であるといえよう。



posted by 下等遊民 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

トランプ氏の“下部構造”

真偽のほどはともかく、オバマ夫妻が滞在したモスクワのリッツ・カールトンホテルで、トランプ氏が複数の 売春婦を雇い、自分の見ている前で、オバマ夫妻の休んだベッドをゴールデンシャワー(放尿ショー)で汚させたことをロシア当局に盗撮されていたという、「週刊新潮」1月26日号掲載の記事「『ゴールデンシャワー』文書に三分の理」はスカトロ好きとしてもなかなかに興味深い内容だったが、その後、うまいことを言うもんだな、と思わず唸ってしまったのが、革マル派機関紙「解放」1月30日号掲載の「万華鏡」というコラムの中の、「モスクワのホテルで売春婦との変態プレイ映像を盗撮されFSBに“下部構造”を握られた彼が、プーチン政権と『ディール(取引)』をかわした、というのもありうる話。」というところ。こういうところに、マルクスが「経済学批判」の中で用いた「下部構造」なる概念を持ってくるあたりは、さすが百戦錬磨の「革命的マルクス主義者」だけのことはある。たまにはこのテの機関紙にも目を通す必要があることをあらためて痛感。

tora.jpg 
posted by 下等遊民 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

謹賀新年

 新年おめでとうございます。
今年は酉年ということなので、「何か鳥にちなんだ挨拶でも」とか思ったんですが、何も思いつかないので、取り合えず、youtubeの動画の中から、鳥にちなんだものを3点(イタリア映画「世界残酷物語」のテーマ曲「モア」、アンデスのフォルクローレの名曲「コンドルは飛んでいく」、昭和オバカ歌謡の名曲「かもねぎ音頭」)、選ばせていただきました。では今年もよろしくお願い申し上げます。





posted by 下等遊民 at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

今年おもろかった本

sodo.jpg

このところ、ますます怠け癖が昂進してしまい、本も読まず、ブログの更新もせず、「ただ一切は過ぎていきます」的日々をだらだらと過ごしているというのが正直なところであるが、それでも年末にあたって「今年おもろかった本」としてどうしても取り上げておきたかったのが以下の3冊(少な!)なのであります。

まず一冊目として取り上げたいのは、樋口ヒロユキ著「ソドムの百二十冊 -エロティシズムの図書館」(青土社)。マルキ・ド・サドの怪作「ソドムの百二十日」にあやかっているのはタイトルのみにあらず。「闇夜に羽ばたく書物たち」と題された「序章」もまた「ソドムの百二十日」のそれにあやかったスタイルで書かれているところが面白い。「この書物を手にとった読者諸氏よ、ようこそおいでくださった。ここは真夜中の図書館である。昼間はぴたりと門を閉ざしているが、時計の針が十二時を回ると三々五々人が集まり、禁断の書物たちがページの襞をわななかせる、目には見えない図書館なのだ。」といった具合に。ちなみにこの図書館には、遊郭が一つ丸ごと併設されているそうな。

二冊目は、亀和田武著「60年代ポップ少年」(小学館)。私にとって、亀和田武氏といえば、70年代後半のエロ劇画ブームの頃、「劇画アリス」編集長として活躍していた人といったイメージしかなかったのであるが、この本では氏の少年時代から学生時代にかけての60年代サブカルチャーが、坂本九「悲しき60歳」、弘田三枝子「ヴァケーション」、中尾ミエ「可愛いベイビー」、飯田久彦「ルイジアナ・マ マ」といった和製ポップスからジャズ喫茶、吉本隆明、学生運動(亀和田氏は「フロント」というセクトに所属していたようだが)まで盛り沢山に取り上げられているのが興味深い。「反戦高協」のヘルメットをかぶった表紙絵の美少女も「時代」を感じさせてくれる。

三冊目は、元・外務省主任分析官の佐藤優氏と女性向けアダルトショップを経営する最先鋒フェミニスト・北原みのり氏の対談本「性と国家」(河出書房新社)。まず「週刊金曜日」のコラムなんかでは常々、世の「オヤジ」連中を目の敵にしている北原みのり氏が、一見マッチョな「オヤジ」の典型みたいな佐藤優氏を対談の相手にしているところからして面白そうな本だと思ったが、読んでみると、この二人の間に意見の対立といったものはほとんど見られず、終始一貫して意気投合(というか、フェミニズムについて、佐藤氏が北原氏の生徒として北原氏の意見を仰ぐといった感じもするが)しているところが意外といえば意外であった。二人の共通点はかつて逮捕という形で国家権力の暴力性を身をもって体験しているところであるが、北原氏の攻撃の矛先は単に権力側にいる男達だけではなく、「反権力」を標榜する男達にも容赦なく向けられているのである。ちなみに、大正時代のアナキスト・大杉栄が自叙伝の中で猫を殺した話を書いていたことで、北原氏、佐藤氏ともに大杉のことをゲス呼ばわりしていたが、おかげで当方まですっかり大杉栄のことが嫌いになってしまったようだ。

kame.jpg

sei.jpg
posted by 下等遊民 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

生活保護打ち切りと猫屋敷

野良猫の殺処分をなくしたい一心で約9年前から野良猫を拾って飼育し、現在は120匹ほどの野良猫を飼っていた埼玉県深谷市の無職、北口雄一氏が、インターネットで埼玉県深谷市の小島進市長に殺害予告をしたとして逮捕されたという。どうやら「生活保護を打ち切られたのは市長のせいだ」というのが北口氏の犯行動機だったようで、こうした思い込みによる犯行が許されるべきことでないのはもちろんだが、北口氏の拘留が長引いた場合、120匹の猫たちは一体どうなってしまうのか。彼らのためにも一刻も早い北口氏の釈放を願うばかりである。

neko.jpg 
posted by 下等遊民 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

勤勉なる機動隊員に捧げる歌

 22日付け「日刊ゲンダイ」によると、沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設現場で、市民に向かって「ボケッ、土人が」と暴言を吐いた大阪府警の機動隊員に対し、ツイッターで「表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのが分かりました。出張ご苦労様」と激励(?)した大阪府の松井一郎知事に抗議が殺到しているんだとか。抗議の大半は「人権意識が欠けている知事はやめるべきだ」「府民全体の人権意識が低いとのイメージをもたれかねない」といったたぐいのものらしいが、確信犯的な松井知事からすれば、「これぞ機動隊員の鏡なり!」というのが正直なところかも知れない。松井知事よ、もしその通りだとしたら、いっそのこと、くだんの機動隊員に表彰状でも何でもくれてやったらどうだろうか。といったところで、フォークソング全盛の頃に、「受験生ブルース」の替え歌として、秘かに歌われていた「機動隊ブルース」を聴いてみることにした。

posted by 下等遊民 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

風に吹かれて

今年のノーベル文学賞がボブ・ディランに決定というニュースには、熱狂的なハルキストならずとも意表を突かれる思いをした者が少なくなかったんじゃないかと想像されるが、もしかすると今回の受賞にもっとも意表を突かれたのは当のボブ・ディラン自身だったかも知れない。というわけで、久しぶりに不朽の名曲「風に吹かれて」を聴いてみることにした。
How many deaths will it take till he knows
That too many people have died? 


posted by 下等遊民 at 00:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

「SCOOP!」おもろかった

suku.jpg 

このところ、映画といえば、たまにミニシアター系の映画館に行くことはあっても、あのポップコーンの匂い溢れるシネコンの方は完全にご無沙汰状態だったのだが、福山雅治主演の「SCOOP!」がなんとなく「見に行っても損はなさそうな映画」という予感がしたんで、公開早々に見にいっちゃいましたよ。いや〜とにかく面白いのなんのって!元々、寝つきがいいせいか、せっかく映画館まで足を運んでも途中で睡魔に襲われ、映画が終わるまで眠ってしまった、なんてことも珍しくないのだが、とにかく今回は最初から最後まで一瞬たりとも睡魔に襲われることもなく見通すことができました。この作品、パパラッチ役の福山の荒みぶりも悪くないが、それ以上に情報屋チャラ源ことリリー・フランキーのイカレっぷりが見事である。それと編集長役の吉田羊が実に魅力的でかっこよかったですな。「『週刊文春』『フライデー』絶賛!」というキャッチコピーもどこかブラックで秀逸。

posted by 下等遊民 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

浅草サンバカーニバル

san.jpg

浅草の夏の風物詩、浅草サンバカーニバルがいよいよ明日午後1時より開催されるとのこと。このイベント、初回の開催が1981年というから今年は35回目ということになるが、今回はリオ五輪開会式の影響も大きく、例年以上の盛り上がりが予想されている。サンバカーニバルといえば、私がよく行くDVDレンタルショップの「盗撮物」のコーナーでも、「女子トイレ」や「女風呂」や「パンチラ」を撮ったものほど数は多くないにせよ、ちらほら見かけるのが「サンバカーニバル」を「盗撮」したとかいう代物。考えてみれば、撮影禁止でないものを「盗撮」したというのも変な話だが、それはさておき、時間的にも経済的にも、遠路はるばる浅草までサンバカーニバルを見にいくだけの余裕がない当方としては、一本100円そこそこのレンタル料で、浅草サンバカーニバルの熱気を疑似体験できるのはまことありがたいことである。
posted by 下等遊民 at 10:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

おっさんの尻やないかい!!

 先日、本を読みながら何気なしに付けっぱなしのテレビに目をやると、いきなり生尻のドアップが。これ、近日公開の映画「後妻業の女」の中のワンシーンなのだが、その前の部分をまったく見ていなかったため、一瞬、女の生尻だと勘違いしてしまった。後でユーチューブで確認してみて、初めてこの生尻が笑福亭鶴瓶のものだと判明した次第なのだが、なぜこんな初歩的かつ致命的(?)な事実誤認をしでかしてしまったのか、我ながらほとほと呆れておるところであります。

posted by 下等遊民 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

冗談は「ヨシ子さん」

 サザン全盛の頃はまったく興味が持てなかった桑田佳祐であるが、6月にリリースされた新曲「ヨシ子さん」は、歌詞、振り付け共に、ついつい「冗談はヨシ子さん」という「昭和」な言い回し(語源は鈴木由美子の「ジョーダンはよしこちゃん!」という漫画らしいが)を想起させてくれるほどに素晴らしかった。ネットで検索してみたら、真っ先に「サザンの新曲『ヨシ子さん』が下品すぎて大炎上。。。桑田佳祐の終わった人感が話題に」という記事見出しが目に飛び込んできたのだが、桑田佳祐にしてみれば、こういう評価が出ることもすでに織り込み済みのことであったに違いない。というか、こちらとしては、「桑田佳祐の終わった人感」に今後ますます磨きがかかることを期待してやまないのであるが・・・・・。


posted by 下等遊民 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

サンバ!サンバ!サンバ!

 リオ五輪開幕によって、ブラジルの文化的象徴ともいえるサンバの人気も急上昇している模様。そもそも日本でサンバが知られるようになったのは、1960年公開のブラジル・フランス合作映画「Orfeu Negro(黒いオルフェ)」(マルセル・カミュ監督)以降といわれているが、正確なサンバのイメージが定着したのは、1981年に浅草で始まった浅草サンバカーニバルによるところが大きいようだ。今や毎年8月ともなれば、全国各地でサンバカーニバルなるものが開催されるほど、日本においてもサンバは普及してしまったが、やっぱ本家本元のサンバは迫力においても一味違うようですな。



rio.jpg 
posted by 下等遊民 at 14:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

賛辞としての「厚化粧の大年増」

大方の予想通り、小池百合子氏の圧勝に終わった東京都知事選。ある調査によると、「候補者同士の悪口の言い合いや揚げ足取りが多すぎる」といった声も若い有権者たちの間から上がっていたそうであるが、こちとら無責任な野次馬としては、選挙戦の観戦に際して「候補者同士の悪口の言い合いや揚げ足取り」ほど面白いものはないというのが正直なところ。なかでも傑作だったのは、ネガキャンのつもりで発した言葉がまったくネガキャンとして作用せず、それどころか相手にとっては願ってもない追い風となってしまったという、石原慎太郎氏の小池百合子氏に対する例の「厚化粧の大年増」発言である。この言葉、単に見たまんまの印象を言っただけのもの(印象批評?)なのか、もっと比喩的な意味合いで言われたものなのか、そのあたりは定かではないにしろ、小池百合子氏に何がしかのダメージを与えるような要素が皆無なのは一目瞭然。いわんや私のような熟女系エロ本マニアにおいてをや・・・・・好き心をそそられる言葉以外の何ものでもない言葉だと思うんですけどね〜。

tyo.jpg
posted by 下等遊民 at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

ヘタレ&スカトロ

heta.jpg 

 作家で法政大学国際文化学部教授の島田雅彦氏の最新刊「筋金入りのヘタレになれ」(ベスト新書)をタイトルの面白さ(著者によれば、「筋金入りのヘタレ」というのは「清純派AV女優」にも相通じるものがあるとのこと)に惹かれて購入。その第4章「変態も極めれば、詩人になる」の中に、「ここでは名前を伏せますが、某有名若手俳優の奥様であられる某有名若手モデルと同じ飛行機に乗り合わせたことがあったのですが、たまたま、彼女が出てきた直後のトイレに入ったら、どうも大をした後みたいで、それがとてつもなく臭くて、彼女、こんなに臭いんだと思ったらちょっとうれしかった。」(「スカトロ趣味はどのように解釈すべきか?」より)というスカトロ好きにとってはまったくもって共感に値する文章を見つけてちょっとうれしかった。というか、私だったらこれだけで飛行機代の元ぐらいは取り戻した、と思うかも・・・・・。
posted by 下等遊民 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

舛添は「ドM」?

masu.jpg 

 政治資金の私的流用が明らかになった舛添要一都知事について、6月9日付け「日刊ゲンダイ」は、「どこまでツラの皮が厚いのか。日本中から『辞めろコール』が噴出しているのに、『全力を挙げて都民のために働きたい』と続投宣言をした舛添要一都知事。」と評していたが、あの驚異的なまでの「打たれ強さ」は、単に「ツラの皮が厚い」というだけで説明できるものではないような気もするのである。そこで出てきたのが、舛添氏の「ドM」疑惑だ。舛添氏については、攻撃的なもの言いや尊大な態度、元妻に対してのDV等、これまでもっぱら「ドS」イメージばかりが強調されてきたが、「ドS」の人間がちょっとした契機で「ドM」に転向してしまうというのはよくある話ではないだろうか。もし舛添氏が、「ドS」から「ドM」に転向したとすると、周囲からのいかなる罵詈雑言もすべて快楽の素材に変換してしまえるわけだから、都民にとってはこれほど迷惑な話もないだろう。
posted by 下等遊民 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

ベルイマン「沈黙」の自慰シーン

tinn.jpg 

 地元の古書店で、昔、見たことのある「沈黙」というスウェーデン映画(イングマール・ベルイマン監督)のパンフレットを発見。懐かしかったのでつい購入してしまった。この作品、ウィキによれば、「イングマール・ベルイマン監督が“神の存在”をテーマに描いた『神の沈黙』3部作の第3弾! 言葉の通じない見知らぬ街にやって来た姉妹。欲望の赴くまま男と愛し合う妹と、ひとり自慰に耽る姉との確執を描いた作品」 ということであるが、最大の見所(もちろん私的にだが)はやはり何といっても姉役のイングリッド・チューリンが見せる大胆かつ凄惨な自慰シーンである。シャロン・ストーンの「硝子の塔」とか、泉じゅんの「天使のはらわた 赤い淫画」など、これまで見た映画の中にも女優の大胆な自慰シーンが忘れられない作品はいくつかあるにしても、インパクトの強さという点では、「沈黙」のそれに遠く及ばないような気がする。ただ残念なのは地元にこの作品のDVDを置いてるレンタル店が一軒もないということで、ある店など店員がこの作品の存在すら知らなかったとみえて、「『沈黙の艦隊』の方ならあるんですけどね〜」とのことであった。ちなみに、映画パンフの中で自慰シーンを紹介した文章は以下の通り。

「乳房をいじってる彼女の手は、いつか股の間に伸ばされるのです。エステルはすでに自慰常習者(オナニスト)となってるのでしょう。甥のヨハンがカギ穴からのぞき見してるのも知らず、やがて彼女の右手は白いシーツの上に投げ出されます。骨ばって見える手のマニキュアした爪がにぶく光っています。飲酒と喫煙と自慰(オナニー)と、三重の悪癖が彼女の病気を悪化させてることを、エステルは知りすぎるほど知ってるでしょうに。」(清水千代太「冷徹にえぐり出されたおんなの業 人間の業」)

posted by 下等遊民 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

佳子さまの便器になりたい!

「週刊女性セブン」最新号の新聞広告で見つけた「佳子さまを呼び捨てするサッカー部カレと眩しきミニスカート」という記事が何か面白そう。皇族の女性というだけで、名前を呼び捨てにするカレがいることやミニスカートを好むなどといった、まったくどうでもいいことをことさらニュース扱いしてしまう女性誌のアナクロぶりにはさすがに辟易してしまうが、仮に佳子さまのカレが佳子さまのことを決して呼び捨てにすることなく、いちいち「さま」付けで呼ぶような関係であったとしたら、そこにはM男を欣喜雀躍させてしまうような妄想の余地が十分存在するのではなかろうか。佳子さまが一般庶民の女子であったとしたら、自分のカレから「さま」付けで呼ばれることには多少なりとも違和感があるはずだが、佳子さまは幼い頃から「さま」付けで呼ばれることに慣れきっている皇族の女子である。たとえ自分のカレからであっても、「さま」付けで呼ばれることに一般庶民の女子ほどには違和感を感じないだろう。そして、「佳子さまの便器になりたい!」などという不埒な妄想に取りつかれたM男にとって、実ははこれほど都合のいいことはないのである。相手を「さま」付けで呼ぶことを常態化させてしまえばもうしめたもので、そこから「人間便器」への道のりはほんのわずかなのだから・・・・・。

ben.jpg
posted by 下等遊民 at 00:17| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

エロ雑誌の中の「昭和」(9)

hyaku.jpg

 「100万人のよる」(季節風書店)昭和31年4月創刊号には「百万人が愛読できる雑誌にしたい」という版元の願いが記されているが、以前、古書店で購入した「100万人のよる」昭和37年(1962年)2月増刊号の目次ページに貼付された本号がわいせつ文書で押収されたという記事を読む
むと、「100万人のよる」10年間の歴史も決して順風満帆ではなかったことがわかる。東京オリンピックで幕を閉じた昭和30年代は「悪書」追放運動なるものが猛威をふるった時代でもあったのである。ちなみに貼付された記事の文章は以下の通り。

「警視庁保安課は十七日、中央区京橋二の八季節風書店(発行責任者榎本一男氏)をわいせつ文書を売った疑いで家宅捜索、『百万人の夜』二月増刊号二十七部を押収した。調べによると同書店はこの増刊号をすでに三万四千四百八十部を発行しているので、保安課は同日、全国の各警察に押収するよう手配した。」

 というわけで、本号のどこが「わいせつ文書」として引っかかったのか、内心期待しながら、隅々までチェックしてみたのだが、残念ながらそれらしき箇所を見つけることはできませんでした(ディープキスばかりを集めた浮世絵特集はそれなりに見応えがあったが)。
posted by 下等遊民 at 08:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

エロ雑誌の中の「昭和」(8)

kinn.jpg

 昭和37年(1962年)に起きたマリリン・モンローの怪死事件は当時、日本でも大変な話題となり、その後はちょっとしたモンローブームのような社会現象が続いたようで、たとえば、「週刊文春」に連載された船橋聖一の「モンローのような女」という小説が、昭和39年(1964年)に松竹で映画化(主演・佐田啓二)されたのもその一例であるが、「別冊近代映画」(近代映画社)昭和40年(1965年)3月号(日本映画セクシー特集号第2集)の「“和製モンロー”始末記」という記事によると、松竹はこの映画の製作にあたって、素人(?)女性限定で大々的に主演女優を募集、そのために一億円という巨費を投じたという。結局のところ、主演女優に選ばれた真理明美はそれ以前にも及川久美子という本名でドキュメンタリー映画に出演していたため、まったくの素人というわけではなかったが、いずれにしろ、松竹がこの作品で、斜陽産業と呼ばれた当時の日本映画界の起死回生を狙っていたことだけは確かだろう。「モンローのような女」は未見なのだが、機会があれば是非、見てみたい一本であります。

mon.jpg 
posted by 下等遊民 at 00:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

エロ雑誌の中の「昭和」(7)

jipu.jpg

 ジプシー・ローズといえば、エキゾチックな美貌と大胆なグラインドダンスで、昭和20年代後半に一世を風靡した伝説のストリッパーだが、「100万人のよる」(季節風書店)昭和34年(1959年)1月号に掲載された彼女の手記「浮き沈み・はだか放浪記・酒乱といわれてドン底六ヵ月」には、東京日劇ミュージックホールにおける他のダンサーからの凄まじいイジメの事実が詳細に書かれていて、これでは彼女が酒に溺れてしまったのも無理はない、といった気にさせられるのである。当時、「ジプシー・ローズがアル中で再起不能」と報じた新聞記事もあったらしく、それについては彼女自身、この手記の冒頭でも、「私の病気休演は、ジャーナリズムにとっては恰好の材料だった。アル中で頭がおかしくなったのではない、わたしはただそれだけがいいたかった・・・・・。」と否定しているが、その8年後(昭和42年)、アルコール中毒による心臓麻痺で32年の短い生涯を終えたのだった。

hadaka.jpg 
 
posted by 下等遊民 at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする